Field Report

中泊へイサキ狙い


 

キザクラファンの皆様こんにちは。

今回も、愛媛県愛南町の、中泊へイサキ狙いで釣行してきました。

 

当日は台風1号の影響で、うねりが入っており、限られた釣り場しか使えませんでした。

南の風も吹いており、北面向きの釣り場に、多くの釣り人が並んで釣るという状況でした。

また、イサキが好調とのことで、サメも多く出没しており、せっかくの釣果を横取りされることもしばしばとの事でした。

 

釣り始めてすぐに、足元にサメの姿が確認できたのですが、しばらくすると姿も見えなくなり、邪魔されることもなくなりましたので、一安心でした。餌をまき始めると、グレの姿も見え始め、50センチオーバーのグレも確認できました。

 

今回の仕掛けは、道糸に全層セミフロートSP-IMPULSE、ハリスに全層ハリストMG 共に2号を使用しました。うねりや横からの舞い込む風もあったのですが、セミフロートラインなので、水面下を浮き過ぎずただよってくれることで、コントロールしやすく、ダブルマーキングの効果もあり、ラインの軌道も見やすく、イサキのアタリもよく判りました。

ハリスはソフトフロロなので、癖も付きにくく、たまにアタッてくるグレの突込みにも耐えてくれました。もちろんグレだけではなく、イサキの喰いもよく、続けて釣っても癖がつきにくいです。

 

ウキは、K’s EVO 00号と、V.dash K’s グレビスST 00号を使用しました。

前回もそうだったのですが、少し沈め気味で、じっくりと探っていくと、型が良いようでしたので、00号を使って、流れの中を繰りながらの釣りを行いました。もちろんグレもアタッてくるので、油断はできません。尾長も混じってあたってくるので、針を大きめにして挑んだのですが飲まれてしまい切られることもありました。

 

ポツポツとイサキを釣りながら、たまにバチバチ~とサンノジやヒブダイ、時々尾長グレなどの引きを楽しみながらお土産を確保できました。天気が良い時ならばもう少しイサキの数が伸ばせると思います。尾長グレも狙えますので、ぜひとも釣行してみてください。

皆様も、バチバチ体感を楽しんでください。

 

 

タックル・・・竿:磯竿1.7号-5.3m、リール:レバーブレーキ付スピニングリール2500番

       ウキ:K’s EVO 00号、V.dash K’s グレビスST00号

       道糸:全層セミフロートSP-IMPULSE2号

       ハリス:全層ハリストMG2号

       針:全層激刺グレ7号他

 利用渡船・・・しば渡船さん

 

このような感じの釣行でした。

梅雨明けまでは楽しめそうですが、梅雨が明けると暑さにやられそうです。