Field Report

由良半島に釣行しました


DSCF2828DSCF2827 DSCF2826DSCF2830

キザクラファンの皆様こんにちは。

各地で、寒グレシーズンが始まっていることと思います。
愛媛県の宇和海でも少しずつですが、寒グレシーズンが始まっています。日振島や御五紳では、50cmオーバーの口太グレの釣果も聞かれ、中型混じりで2ケタ釣りをされている方もおられるようです。

今回釣行したのは、いつも利用させてもらっている、由良半島の松田渡船さんに行くことにしました。
由良半島は、北面の須下と、南面の由良に分かれております。北西の季節風が吹く冬の季節は、南面になる由良が風裏になるため、少々の時化ならば竿が出せることもあり、冬場は特に釣行する機会が増えます。

また、沖磯になる沖釣や大猿島などは、良型の尾長グレも狙えることもあり、型狙い、数狙いと、それぞれに楽しむことができます。地かた寄りの磯では、じっくりと狙うことで、良型の口太グレが釣れたり、中型の口太グレが入れ食いになったりと、思わぬ好釣果に恵まれることもあります。

前回、尾長狙いで、沖釣に挑戦したものの、残念ながら大型尾長を釣り上げることはできなかったため、今回は、口太狙いと決め、地かた寄りの磯に降ろしてもらうことにしました。

今回の磯はシモリが多く、魚影は濃いものの良型がかかると取り込みに苦労してしまうのですが、潮が引けばだんだんと磯際へ出ていけることもあり、取り込みも容易になることで、良型の可能性があります。

当日は、大潮回りでしたので、朝から潮位が下がっていくこともあり、釣りやすいのではないかということで、挑戦してみました。

今回使用したウキは、今シーズンの新製品であるカン付きウキのR-NEXです。このウキの、「流れを捉え続ける」という特徴が、今回の釣り場に適しており、潮は比較的緩いものの、磯際から流し始めて、潮筋を狙うためにはそのまま流し込んでいく必要があり、撒き餌の帯から外れず、流れを捉えて流す事が釣果アップにつながります。

必要に応じて、遠投もでき、新形状のオフセット式ローリング環によって遠投の際の仕掛けがらみも解消されており、トラブルも少ないです。また、仕掛けを張ったときにも、俵型の形状と、ヘッドの形状で、浮き上がりを抑えて仕掛けの安定性がよくなっています。

回収時には、その形状から、抵抗が減り、スムーズに回収できます。

朝の間は、少し足場の高いところからの釣りとなり、磯際へは出れなかったので、小型の口太グレメインの釣りとなりましたが、少しずつ潮位も下がり、磯際での釣りができるようになると、磯先端部の磯際を狙うことで、40cmオーバーの口太グレを取り込むことができました。

これから水温も下がり、喰い渋りや強風など釣りづらい状況も出てくると思いますが、R-NEXを準備しておくことで、様々な状況にも対応できるのではないかと思います。

皆様も、寒グレシーズンを堪能してください。