Field Report

米水津の小貝バエに渡礁


12月18日に米水津の小貝バエに渡礁、今回は新製品のモタエとIDR Dear-Gで、ウキの特性をチェックしてみました。
最初はいつも愛用しているDear-G 0シブ でウキとストッパーが視認出来る距離で探ってみると、2ヒロ弱でアタリを捕え30cm級のグレが連発して来た。
直ぐにMotae 0シブ にウキをチェンジし先程と同じ要領で投入すると、やはり同じタナでアタって来た。
アタリの出方はIDR Dear-Gの場合ストッパーが10cmほど動くとウキに反応が出るのに対し、Motaeの場合はストッパーが40cm~50cmほど動くとウキに反応が出るといった感じでした。
感度自体は小粒でIDR Dear-Gの方が良く、Motaeはウキ自体が大きいものの、テーパー菅を採用しているため糸抜けが良く違和感なくグレがエサを吸い込んでいると感じられた。

仕掛けの投入に関して、当日は横風が強い状況で30mラインを狙うとIDR Dear-Gは風に流されポイントからズレてしまうが、モタエは自重があり低重心のためブレなくポイントを外さずに投入することができた。

本流に関しては、Motae 00号 どっしりとした安定感で潮乗りが良く、仕掛けの入りも良い感じでした。

総体的にみて、IDR Dear-Gは感度が良いため、近距離から中間距離狙いや浅ダナ(竿一本強まで)狙いに適していると感じる。
モタエは遠投、本流、中層から深ダナ狙いに適していると感じる。