製品仕様

Kizakuraの技術が新たなフィールドを目指して

主な3つの基本設計

O・G・D

Optimized(適切な)・Gravity(重心)・Design(デザイン)

ウキの特徴を発揮させるため、最適な重心設計を行うこと。

キザクラウキの基本理念

“誰もが釣れるウキを実現し、使いやすいウキを開発すること”

 

 

キザクラ品質1

Kizakuraのウキは、すべて自社生産。
佐賀県伊万里市にある本社でつくられている。

「こういうウキはどうだろう?」スタッフがヒアリングしてきたアイデアをすぐに形づくって試すことができる、機敏なウキづくりがkizakuraの魅力だ。

材料、工程、実用性。

自らの徹底した管理のもと究極の一品を届けている。

キザクラ品質2

【金型】

力学的な知識を用いながら、CADで設計していく。

“水中でどのような動きになるか”、“風や波の影響を受けないためには?”。

最新のテクノロジーと日本全国を駆け巡る営業マンたちの情報、フィールドスタッフの実釣での経験を融合させて形状を絞り込む。
職人の手によって、1000分の1ミリの調整や研磨を繰り返し、精度をあげていく。

金型づくりはウキ製作においてのスタートライン。
どんなウキも、ここから生まれるのだ。

「kizakuraのスタッフは全員、釣りをするんです。テスターさんの話もスムーズに理解できるし、新しいウキの完成を自分たちも待ってる。」

たった一匹の楽しさが分かるから、こだわり続けられる。

  ※CAD=コンピュータを用いた製図システム

 

 

 

 

キザクラ品質3

【成型】

ウキは元々、ろくろを使い桐を削ってつくられていたため、一つ一つに若干のばらつきが出ていた。

また、岩場などでのダメージにも弱く、均一でありながら強いボディを持ったウキの開発は急務だった。

桐に近い素材を探し、中におもりを入れてバランスをとる独自の方法で研究を重ね、kizakuraのウキをつくりあげてきた。

今ではウキによって素材を変えたり、0.01gごとの真鍮おもりを用いたりするなど広がりをみせる。

ウキを成形していくこの工程は、スタッフから「たこやき」と呼ばれている。

 

 

 

 

 

キザクラ品質4

【塗装】

年間、一定温度に保たれた静かな部屋でその工程は行なわれている。
ウキは二色に塗られている場合が多い。
その境目を見て欲しい。

『線引き』と言われる作業を、kizakuraではすべて人の手で行なっている。

「成形においては100個つくったら100個同じでないといけない。塗装ももちろんそうなんですが、生きた線じゃないとすぐバレるから。」

釣師に対して、誠実に、丁寧に。

新商品の多い秋には一人あたりの作業数が一日2000個にのぼることも。
20年以上のベテランも居れば、21歳の新人スタッフも居る。
先駆的でありながら、温もりある製品づくりは、これからも受け継がれていく。

 

 

異次元の反応、高感度を実現。

All Masking Revolution…アーマー

All Masking Revolution…アーマー

もっと簡単に誰でも釣れるウキ、釣れる仕掛けを求めて・・・

高強度樹脂のボディに特殊高密度素材を注入したソリッド構造により

ウキの安定性と優れた操作性がグレードアップ。表面硬度が増し、塗装面の強度が格段にUPした。

全層釣法に欠かせないウキの秘密。

全層フロートパイプの特徴

軽い仕掛けをマキエと同調させながら魚の口元へ届ける全層釣法。全層釣法に欠かせないウキの秘密は、独自に開発したパイプ構造にあります。

水平ウキ
水平ウキ

ZENSOH KUZZILA、Kz GTR、Kz GTR 沈め・・・など

入口7Φのテーパー管
大口径で全層ブームを巻きおこす。
深場にひそむ大物との出会いが一気に近づいた。

水平ウキ

入口5Φのテーパー管
道糸の進化と共に細めのラインにも
対応できる5Φのテーパー管。
沈め釣りにもスムーズに対応。
速潮での沈め釣りにはベストフィット。

水平ウキ

ZENSOH Let’s。

入口5Φのテーパー管
仕掛けの入る角度に合わせてパイプを
設けたZENSOH Let’s。
20°の角度で仕掛けの入りもスムーズ。
アタリも鮮明で全層入門には欠かせない。

水平ウキ

黒魂HUWARI、ZENSOH V.dash Grevis ST、Magnas…など

3.4Φのストレートパイプ
浅ダナ狙いやウキと仕掛けを
一緒に沈めていくイメージが作りやすい。
テーパー管では仕掛けが入りすぎる?と思う時に、3.4Φストレートパイプに変えることで対応。

DRシリーズ
DRシリーズ

大知遠投60、Dear G、Dear G CORESSA! PRO、PRO-L・・・など

IDR(インター・ドーム・レボリューション)

ラインがウキのパイプ内を通る時に生じる抵抗は軽い仕掛けでは思うように入れこむことが困難である。パイプをドーム型にすることで、ラインの抵抗を大幅に減らすことで軽い仕掛けをスムーズに送り込めるようになっている。

全層どんぐり
全層どんぐり

黒魂アクセル、style F、全層本流Ⅱ…など

FT(ファインテーパー管)

円錐ウキに4φテーパー管を縦に使うことでラインの通りがよりスムーズに。

風の影響も少なく、円盤ウキでの深場狙いにマッチする。

狙うポイント(距離)によるウキ選びの目安(自重)

ウキの自重でキャスティング、狙ったポイントへ仕掛けを運ぶ

50m〜

15g以上・・・

  • 黒魂TrumpⅡ – 黒魂R2
  • 黒魂HUWARI – 大知遠投60
  • 全層本流Ⅱ – 離島SP など

30m〜40m

12〜15g以上・・・

  • Dear G CORESSA! – ●K’s Levius TP
  • K’s EVO – ●R-SHOT L
  • IDR PRO-L Ⅱ – 黒魂Accele
  • 黒魂Switch – 黒魂 Q
  • Niemo-R – Let’s LL など

10m〜30m

8〜12g以上・・・

  • D.SUS Macro&ディンプルマクロ
  • D-Flatz 96 – K’s Magnas TP
  • Panther – POLTA
  • K’s GREVIS ST – IDR DREAMS
  • ZENSOH KUZILLA – 黒魂 style F など

浅瀬〜10m

8g以下・・・

  • D-Flatz 53
  • Let’s S
  • Gure circuit
  • Delic
  • STR など

※自重により飛距離を保証するものではありません。

あくまで目安としてご利用ください。

浮力表示について

ZENSOHクジラ以降に発表したウキには「0シブ」という規格を設けました。シブシブの0という意味で、若干の残浮力ですから、ウキをシモリ気味に使いたい時にご利用ください。「0」はJ3程度の残浮力を残しています。Jクッション水中やMクッション水中、ガンタッチ等を使っても、ウキを浮かせて釣りたいときにご利用ください。

ガン太君(ジンタン鉛)

規格 J6 J5 J4 J3 J2 J1 B 2B 3B 4B 5B
自重 0.12g 0.17g 0.20g 0.25g 0.35 g 0.45g 0.55g 0.75g 1.00g 1.30g 1.65g

表示マークの説明

AMR(アーマー) オール・マスキング・レボリューション

AMR(アーマー) オール・マスキング・レボリューション

ABS樹脂のボディに硬質発泡ウレタン素材を注入したソリッド構造により、ウキの安定性と優れた操作性に加え、塗装面が格段に強化した。

GS(ゴールドサーメットリング)

GS(ゴールドサーメットリング)

衝撃に強く、割れにくい特徴をもつ。高級感漂うリング。

SIC(エス・アイ・シー リング

SIC(エス・アイ・シー リング)

軽くてスベリがよい。道糸を傷つけず、仕掛けの入りをスムーズにするリング。

7φテーパー管

7φテーパー管

全層釣法はこのパイプを搭載したkz GTRにより誕生し、全国に広まった。ウキ止めなしの超簡単仕掛けで上層から下層まで幅広く狙える。太めの道糸でも難なく仕掛けを入れ込んでいける優れもの。

5φテーパー管

5φテーパー管

道糸の進化と共に細めの道糸にも対応。速潮での沈め釣りにはベストフィット。

V.DashシリーズのTPに採用され愛用者も多い。

ST(ストレートパイプ)

ST(ストレートパイプ)

水平ウキでは、ウキと仕掛けを一緒に沈めていくイメージが作りやすい3.4φ。立ウキ(どんぐり糸)では細道糸にも対応できる1.7〜3φとバリエーションも豊富。

IDR(アイ・ディ・アール) インター・ドーム・レボリューション

IDR(アイ・ディ・アール) インター・ドーム・レボリューション

パイプをドーム型にすることで、道糸がウキのパイプ内を通るときの抵抗を大幅に軽減。

軽い仕掛けの全層釣法に対応。半遊動仕掛けでは、ウキ止めまでスムーズに入り、タナ取りが早いので初心者にも使いやすい。

FT(エフ・ティ) ファインテーパー管

FT(エフ・ティ) ファインテーパー管

入口4φ、出口3φ。5φテーパー管よりも入口、出口とも一回り細く、細道糸にも対応。

黒魂アクセルは、チヌはもちろんグレ釣りでも大人気。

UCR  アンダーキャッチリング

UCR アンダーキャッチリング

カンタンウキ止めがウキ内部で止まり、魚が食うと抜ける構造のリング。軽めの仕掛け(浮力B程度まで)によりマッチする。Pantherに搭載されている。

3WS(スリーウェイシステム)

3WS(スリーウェイシステム)

ウキ内部で、内径4φの1段目(小粒のシモリが止まる)と、内径2φの2段目(ウキ止めだけで止まる)を供えた特殊構造。ウキ内部でウキ止めが止まることで、ウキのふらつきを抑え、感度がよい。黒魂スタイルFに搭載。

ケミ対応

ケミ対応

ケミホタル対応モデル。昼夜を問わず釣りが出来る。棒ウキでは、専用チューブを必要とするタイプもあります。適合サイズは各スペック表を参考にして下さい。

自立タイプ

自立タイプ

このマークは表示された鉛をつけなくても自立(ひとりでに立つ)するタイプです。

2sec。

2sec。

携行性を重視した船がかりウキの2本継ぎタイプを表しています。かかりジョイントはこのタイプ。

限定生産マーク。

限定生産マーク。

このマークの付いた商品、または規格、カラーにつきましては、在庫が無くなり次第廃盤となりますので、ご了承ください。