全層釣法

全層釣法とは

全層釣法とは、海面から海底まで魚がいる所をくまなく探る釣法で、そこには仕掛けを運んでくれるウキがあり、 そのウキが進化し、誕生したのが“全層ウキシリーズ”です。

釣り方としては、ウキ止め、シモリ玉を使わずカンタンに仕掛けがセットできます。 タナを取ることもないので、ビギナーの方でも使いやすいタックルです。

道糸は張り気味に流すのが基本で、 ウキに変化があると同時に手元に強烈な体感ショック!! 視覚と体感の両方を一度に感じられる楽しい釣り方です。

全層釣法 入門編

全層釣法を初めて使用される方やまだ始めて間がない方へ
基本仕掛けで春夏秋冬何時でも何処でもどんな獲物でも釣れるのだが、気象条件またその他の条件によってはガンタッチ、ジンタン鉛(J)、クッション水中、Jクッション水中、Mクッション水中等の付属品を付けることで容易により魚の居るタナまで仕掛けを運ぶ事ができます。
浮かせ釣りで大切なラインコントロールのチェックポイント。

  • 全層釣法で使うウキ
  • ウキの浮力について
  • let'sを使った全層仕掛け
  • 仕掛け投入の基本、結び方

全層釣法 基本操作

仕掛けを投入する時は、流したいポイントの少し先に投げ、リールを巻いて、ウキを手前に引き戻し、釣鈎を先に送るように流して ウキ下が馴染むまでは道糸を緩めない。

ウキを先に流したらアタリが出にくいので注意!
投入した直後はハリスとウキが近くに着水するので、道糸をハリスの長さ分巻き取り、ハリから流れるようにすれば、投入からすぐアタリを取れる 体制に入れます

  • 全層釣法で使うウキ
  • let'sを使った全層仕掛け
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 仕掛け投入の基本、結び方

アイテム・沈め釣り編

ここでは全層ルートなど初心者にお勧めな釣法を紹介します。またクッション水中、Jクッションの使い分けを紹介。

沈め釣りとは風が強い時や深いダナ狙いに有利な釣り方です。ラインに操作のあるなしにかかわらず、確実に仕掛けは沈ん行きます。
中層〜低層を深く探れるので、魚が良く釣れ、大型のヒットチャンスも多くなります。

  • 全層釣法で使うウキ
  • ウキの浮力について
  • let'sを使った全層仕掛け
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 全層沈め釣り(基本仕掛けと釣り方)
  • 全層釣法はラインで釣る!

全層ウキ編

それぞれに、どんなウキがあるのかを順を追って紹介していきましょう。
その前にそれぞれのタイプでのアタリの出方と仕掛を入れる時のイメージの違いをご説明しましょう。

  • 全層釣法で使うウキ
  • ウキの浮力について
  • Let's基本仕掛け
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • 仕掛け投入の基本、結び方
  • IDR-Fシリーズ
  • IDRエリアシリーズ
  • 全層どんぐりシリーズ
  • 全層ウキの使い分け