PICK UP

日々を楽しむ!いずみテスター釣り日記 Vol.3


皆さんこんにちは♪
遠藤いずみです。

3回目の連載は5月!!
ついに新元号『令和』になりましたね!

新たな時代の幕開けとなりましたが、連休は釣りに行って自分自身の歴史を(釣りの(笑))刻むことができましたか?
リフレッシュはできましたか?

私は大好きなホームグラウンドで令和初釣り釣行時に真鯛石鯛を釣ることができて、とても記念になる良いスタートをきることができました!!
201905191031

暑すぎず寒すぎず程よい暖かさになって、薄着で釣りに行けるこの季節は本当に気持ちがいいですね♪

さて人間にとっても良いのですが、海も水温が上がるこの時期。
魚の活性も少しづつ高くなり、グレ、チヌともに数釣りも楽しめます。

少し前になりますが、4月13日に開催された九州桜組懇親釣り大会in佐世保の時
IMG_0624
乗っ込み最盛期だ~!数釣りと型狙いができる!」と意気込んでいましたが、釣れたチヌは全て乗っ込んでおらず、釣れたポイントも深場でのベタ底でしかアタリませんでした。

ウキは3Bのi-style beppin
最初はゆっくり馴染む程度に仕掛けをセットしましたが、中々馴染まずアタリも無かったので、少しずつオモリを足して最終的にチヌのアタリが出たのは、ずっしり重たい段シズで沈め探り釣り。

遠投して緩い潮に乗せながら流していくと、竿先にコツコツっと小さな前アタリがきました。

早合わせは禁物です!
ここで少し送り込んであげると、スーっと仕掛けを持っていく感触と同時に合わせると乗る!!という感じでした。
40cmオーバー3枚を2ヶ所のポイントで釣りましたが、どのチヌも同じパターンでした。
IMG_0577

 

渡礁した釣り場でのその日の状況によって、仕掛けや付けエサを試行錯誤しながらパターンが掴めた時って本当に嬉しいです

チヌ釣りは深場をじっくり探るのも、浅場で産卵を控えてゆったりしている乗っ込みチヌを狙うのも、結局どちらもわくわくして楽しいです!

なので私の場合、乗っ込みの時期になるとどうしてもチヌを追いかけてしいます。
が、グレも同じように乗っ込みで良型が狙える時です

グレもチヌも同じ場所で狙えるところもありますし、ターゲットを絞る釣り場もあります。

その日、その時に、どこで竿を出そうか!?チヌ釣りに行こうか?グレ釣りに行こうか?どちらにしようか悩んだりします。
それって他の趣味にはない贅沢な悩みですよね!(笑)
そんなどちらを狙っても面白いこの時期。
沢山釣りに出掛けて思い切り楽しみたいですね!

6月まで後10日!