Field Report

五島列島 津和崎にて


津和崎 前島1番 津和崎 前島4番 津和崎釣果30.3.25 好洋丸
3月24日午前7時出港の「好洋丸」にて、貝崎さんと二人津和崎へと向かった。この日は、大シケ続きの後で海の状況が心配であったが(魚のご機嫌が…笑)約1時間半で到着し、名礁「丹瀬のハナレ」から瀬上がりし、我々は「前島4番」へ。

午前9時過ぎ、釣り開始するもベラ以外はエサ取りすら全く居ない状況。ここで、夕方まで頑張るも結局二人とも本命はノーヒット。
夜釣りで、「権現4番」に瀬替わりし、夜グロに期待するも竿2本入れてやっとのイサキ2枚で、夜明けを迎える。

再び、「前島」に戻り、今度は一番北側にある「1番」に瀬替わり、納竿が昼の12時なので、手前も中間もタナを探って釣ってみるも、深く入れるとベラしか来ない。

納竿2時間前、最後の頼みで 「GTR-000」に「Jクッション6」をセットし、超遠投で沈めていくと、道糸がピンと張り、30cmほどの口太がヒット!型は、五島サイズでは無いものの、苦労しての1枚は非常に嬉しい。同じパターンで、沖を攻めると道糸が弾かれ、今度は40弱のオナガがヒット!

その後、1回だけ道糸を飛ばされるアタリがあったが、多分オナガの良型。その後、足裏サイズを1枚追加して時間切れとなった。

27時間の釣りで、本命はたったの3枚という貧果であったが、最後に本命の顔を見れたのは、「17’GTR」のおかげだと感謝の釣行となった。