Field Report

相浦湾内のチヌ釣り


DSC_5456 (2) DSC_5480 (2) DSC_5445 (2) DSC_5459 (2) DSC_5484 (2)
午前6時、相浦港を出港した「三平丸」は、港を出て直ぐの「浮き波止」へと到着。

今回は単独釣行で、しかもコンクリートの波止の上なので足場も良く、ゆっくりのんびりの竿出しとなった。夜が明けると同時に、マキエをポイントに20杯ほど打ち込み、VダッシュLevius00にバランサーを貼って、水深15mほどのドン深に仕掛けを沈めていく。

仕掛けが着底したら、糸を張り、しばらく待ってアタリが無ければ誘いをかける。この繰り返しで、3投目で道糸を引っ張る待望のアタリ。ゆっくりと竿を立てると、チヌ特有の引きで、本日の1匹目をゲット。しかし、これは黄ビレ。エサは、ヒロキューのネリエ「とうもろこし色」の黄色と「沖アミ」のピンクをマーブル状に混ぜたものを使用。

次に、40cmほどの本命チヌと同サイズのキビレがヒット。しかしその後、約2時間反応なし。満潮を過ぎて、潮が動き出すと仕掛けが安定しないようになってきた為、ウキにバランサーを追加、さらにハリスにもBのガン玉を追加。

すると、今日イチの重量感ある引きで浮いてきたのは、45cmのキビレ。仕掛けを重くしたのが正解だった様子だが、なぜかこの日はキビレが多い。

その後も、納竿の15時までに2枚を追加し、最大45cmまでしか出なかったものの、6枚のチヌに出会え満足な釣行となった。