Field Report

のんびり 家島 宮沖一文字釣行 兵庫県姫路市


釣行日:2020-07-22

天気: 晴れ

使用ウキ・仕掛け: 黒魂ACE

レポート本文: 今年から、フィールドモニターを、させて頂いてます南谷猛です。

今回は、ホームグラウンドである家島にチヌ釣りに行ってきました。

家島には、数えきれないほどの磯や波止など、様々なシチュエーションでチヌ釣りをできますが、家島本島の宮沖一文字という約300メートルほどの沖波止に渡してもらいました。

1595402540314

この場所は、潮通しも良く、水深も10~15メートルと真鯛の実績もある場所で、どのシチュエーションでも万能で使いやすい、黒魂ACEのLの0を選択しました。

黒魂ACEは、遠投・視認性・操作性と、全てにおいて素晴らしく、家島では欠かせません。

準備ができ、竿一本のところにウキ止めを付けて仕掛けが馴染んでから沈む仕掛けでスタートしました。

宮沖一文字は水深がありますが、魚の活性にもよりますがチヌや真鯛が撒き餌を食べに上がってくるのが見えます。

そんなことを期待しながら、1投目から30センチほどの真鯛(チャリコ)が釣れて数投すると、撒き餌を拾いに魚影が見えてきて、1投1匹でチャリコが釣れだしました。

本命のチヌが釣れずに、チャリコ祭りの中、試行錯誤した結果、撒き餌の潮下に仕掛けをずらしてやるとチヌも少し浮いてたようで、仕掛けが馴染むと同時にアタリが出て連続で釣れてくれました。

1595402474890 

いろいろなシチュエーションがある家島ですが、万能な黒魂ACEを使っていただければ、チヌに出会える可能性が高くなりますので、ぜひ黒魂ACEを持って家島に行って頂けたらと思います。

レポート 南谷 猛