Field Report

クラブキザクラ関西の納竿大会


0 1 01 2 3 4 5.0 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

 

 

 12月5日(土)和歌山県串本町出雲の磯(小川渡船 07356‐2-0743)でクラブキザクラ関西の納竿大会を行いました。

 前日の低気圧の通過で天気が心配されましたが、天気は回復し風はやや残ったものの波も落ち沖磯にも行けるとのことで一安心です。沖磯では安定してグレが上がっているので釣果が楽しみです。

 出船前に今回のルール説明と渡船順をクジで決め午前6時15分出船。

 船頭の指示で番号順に渡礁していきメンバー全員が渡ったあと私達二人は(楠、山本)チョナという磯へ降ろしてもらいました。この磯は二人とも初めての磯でしたが沖向き先端が左右に分かれており私が右、山本モニターが左側に入り釣り開始。まずは瀬際から様子を見ます。マキエにはすごいエサ取りの数でしたが、うまくサシエが通るとグレが喰ってきます。しかしサイズは小さく手の平サイズばかり。サイズUPは難しそうなので遠投に切り替えてみると35センチ前後のぐれがポツポツ釣れてきました。隣を見るとすでに遠投していた山本モニターは次々と竿を曲げ良型のグレを釣り上げています。これを見てメンバーの釣果にも期待が持てます。

 釣りをしていると時間が経つのは早く、あっという間に納竿の13時。迎えの渡船に乗り込み帰港。

そして各メンバーの釣果を検量します。今回はグレ3匹の重量勝負です。そして結果発表と表彰式。

一位 山下由満 3匹 1,640グラム

二位 村上博康 2匹 1,085グラム

三位 東井秀夫 3匹   930グラム

四位 岩間和幸 1匹   840グラム

五位 畑中正好 1匹   680グラム

六位 田井健太 1匹   580グラム

7位 井上昌史 3匹   565グラム

八位 新谷修  3匹   420グラム

九位 安楽実  1匹   275グラム

十位 村上優羽 

以上の結果となりました。

 今回お世話になりました小川渡船様、株式会社キザクラ様本当にありがとうございました。

  当日の仕掛け

竿  :DXR 1・25号

リール:インパルト2500LBD

道糸 :全層インプレッションセミフロート1・75号

ウキ :D-Flatz53 P‐01~02

    ポルタP‐0~P‐01

    マグナスST 000

Jクッション J5~J6

ハリス:ハリストMG 1・25~2号

ハリ :全層激刺グレ 4~7