Field Report

チヌ好釣りのカギはウキの使い分け 鹿児島 錦江湾


3月18日鹿児島県霧島市永浜漁港にチヌ釣りに行きました。

本日の潮汐は長潮前の小潮の最終日。この釣り場は遠浅なので、マキエも仕掛けも遠投します。

3月18日霧島市永浜漁港

永浜漁港の波止は遠投で狙います。

ウキは遠くまでぶれずに良い飛行姿勢の「黒魂アクセル」を使います。

満潮の潮止まりになるとチヌのアタリが遠のきました。

そのため水平ウキで穴径が大きいテーパー管の「全層クジラ」にチェンジ。ノーガンでも自然にハリスを送り込めます。

下げ潮が動き出すと、上層の流れが強くて海底付近は真逆方向に流れる二枚潮になりました。

風が潮の上層と同じ方向に吹き出し、難しい2枚潮に拍車を掛けます。

ウキを潮噛みが良く団子エサを付けても潮筋から離れることが無い「黒魂ふわり」にチェンジし、沈めて下層の潮を釣りました。

それが功を奏して、45㌢のチヌまで10匹が釣れました。

みなさんも、状況に合わせて色んなウキを楽しんで下さい。

3月18日チヌ45㌢まで10匹

ウキをうまく使い分け、状況が厳しいながらも45cmまでのチヌを10枚手にしました。

キザクラ フィルドテスター

新増 初生