Field Report

いよいよ秋のイシダイシーズン到来!デカバンゲットでイエローのアピール度の高さを実感 長崎県佐世保沖 中ノ瀬  


9月20日(日)  中潮 満潮10時15分

朝5時に相浦港の三平丸で出港。

父親と自分は底物で、弟は上物で片島のハナレを瀬上がり希望しました。

が、先客がいたのでガニ瀬4番にとお願いすると満潮時に沈むとの事で、急遽ガニ瀬の中ノ瀬に上礁することになりました。

中ノ瀬

潮通しが良い中ノ瀬は、イシダイの魚影が濃く大物も十分期待できます。

釣り座

中ノ瀬の釣り座は海面から少し高いですが、比較的足場は良く釣りやすいです。

1投目.2投目と手前を探りますが、根掛かり連続で仕掛けのロストが続きます。

手前を諦めてカウンター30ぐらい遠投して20辺りで止まるとこがあったため、置き竿にしているとコツコツとアタリがあり穂先が突っ込みましたが、残念ながら2Kgほどのコロダイでした。

時合いかなと思い集中して仕掛けを打ち返しますが、上げ潮が片島方面(右側)へガンガン流れてうまく仕掛けが落ち着かず苦戦を強いられます。

shikakezu_0930

9時を過ぎた頃、ようやく潮が緩くなりました。ここぞとばかりマキエを打ちます。

前日にウニガラを潰してウニミンチと混ぜ、野球ボール状に丸めたダンゴを冷凍して20個ほど準備をしていて、それを3個同ポイントへ投入したのです。

それから小さめのガンガゼを2個掛けして石師魂エサホルダー(https://www.kz-kizakura.com/?p=7841)で固定して同じカウンター20地点へ打ち返しました。

エサホルダーの黄色は魚に目立つようで、しかもしっかりエサをキープして食い込みがいいので、勝負が早いような気がしています。

ガンガゼ

黄色が印象的なエサホルダーは、エサのズレを防止するだけでなくエサをアピールする役目も十分してくれていると実感しています。

エサをポイントに収めると、すぐに小さくコツコツとアタリがありました。もしやと思い態勢を整えた次の瞬間、一気に穂先が舞い込みました。

海面に突っ込んだところで合わせると、重い抵抗が伝わります。次の瞬間、右側へ走りだしてノサれそうでしたが、やっと浮かせたのは嬉しいシマ模様でした。

海面から高さがありブリ上げることはできなかったため、弟にタモ入れしてもらいました

デカいメスの本イシで4Kgはありそうで、興奮と感動で満足感に浸ります。

川口さん釣果

ずっしりと重いデカバンを手にした私は、改めてイシダイ釣りの面白さを再認識し充実感に包まれました。

pointzu_931

ストリンガーの準備をしていると、横から父親のキター‼️との声が…

やりとりして2回目の突っ込みを耐えたところでノサれてしまい痛恨のバラシ。

サルカンから下の瀬ズレワイヤーから飛ばされました。

別の釣り座

左の釣り座にいた父は大アタリに遭遇しました。この周辺にはまだまだ大物の気配がプンプンしています。

その後はイラが2枚で、下げ潮になると全くアタリもなくなりエサも付いたまま。

風も吹き出したので早めに納竿しました。

イシダイとコロダイ

イシダイにコロダイと底物釣りを満喫した1日でした。佐世保沖の磯もいよいよ秋のイシダイシーズンに突入し、これから楽しみな限りです。

今回使用の石師魂タックル

・石師魂瀬ズレ宙釣りゴムテンビン(イエロー)

https://www.kz-kizakura.com/?p=10487

・真空ナマリ20号に石師魂ナマリキャップ(イエロー)

https://www.kz-kizakura.com/?p=3783

・石師魂49本ヨリワイヤー仕掛け#44 16号

https://www.kz-kizakura.com/?p=7836

・石師魂エサホルダーでガンガゼ固定

やっぱりイエローが魚にアピールすると実感した釣行でした。

レポート 川口 崇