Field Report

さすが五島!7㎏を頭に磯のスプリンターの強烈な引きを満喫 長崎県上五島 平島


磯釣りシーズンの開幕は、私の最も好きなヒラマサ釣りから始まります。今年もまたあの強烈なヒラマサの引きを味わいに、柴原マイスターと田中テスターと五島列島、上五島の西側へ展開してきました。

12月1日夜9時出港のニューレインボーに乗船。2時間ほどで平島の磯へ上礁。夜明けまで時間があるので、じっくりとタックルの準備をし夜明けまで仮眠をとります。

今回はキザクラからNEWリリースされたヒラマサ専用のカゴ「黒政極SP」と「ブレイクスルルー」での実釣です。

ロッド8号、リール18000番、14号の道糸に14号のハリスにヒラマサ針13号。道糸にホルダービッグLを通し「黒政極」をセット。2ヒロ半とったヒラスにはアタリウキを付けます。

ヒラマサ仕掛け図

空が白々とし始めたくらいに、マキエとツケエサ一緒に使うボイルオキアミを手でしっかりと絞り水分を抜き、プカプカと海面にうくようにしマキエをします。

そして仕掛けを視認できるようになってから釣り開始。

マキエと同様に水分を絞ったボイルを「黒政極SP」軽く入れて仕掛けを投入。始めはマキエを効かせるために、テンポよく手返しをしていきます。

するとマキエが効き始めたと同時に、ヒラマサが水面をバシャバシャと捕食し始めてきました。

こうなると後は釣るだけ。ヒラマサが群がっているところに「黒政極」を投入。ハリスの長さだけリール巻きオープンベールでアタリを‥すると一気に体感ショック!!この瞬間がたまりません!!

14号の道糸がバタバチバチと勢いよく飛び出していきます。身体全体で強烈な引きを味わいながら取り込んだのは、丸々とした5キロのヒラマサ。中型サイズながらとても強いファイトをしてくれます。

古川さんやり取り

古川さん黒政128008897_863328681070495_5345053672811059594_n

「強烈な引きを味わいながら取り込んだのは5㎏のヒラマサでした」

ふと隣を見ると水平ウキのパイオニア、ブレイクスルルーで釣られていた柴原マイスターにもヒット。さらに田中テスターとダブルヒット。開始早々から磯の上はお祭り状態。出だし絶好調です。

ヒラスとブレイクスルルー128592041_907874572950016_3740719428474985014_n

「水平ウキのパイオニア、柴原マイスターは、ブレイクスルルーで次々にヒットさせました」

1田中さんやり取り28804034_200247991600474_4924166004976683411_n

1田中さん28403840_1026057914580832_1147225385613077658_n

「田中テスターもアタリをものにして豪快な竿曲がりを楽しんでいました」

柴原、田中2970_174514401050935_3040501333726073333_n

「グレならずヒラスを掲げての柴原マイスターと田中テスターのツーショット。この時期ならではのワンシーンです」

toisi

そして今回最大のヒラマサをゲットされたのは、柴原マイスター。何度も何度もラインを引きずり出されながら、時間かけて取り込んだのは7キロサイズ!!大御所は流石です!!

 

柴原さん128806838_856151851789437_3615456199746632345_n

「さすが柴原マイスター。この日最大の7㎏クラスをゲット!」

それからとてつもないアタリに瞬殺されたり、磯の上をヒラマサに引きずり回されたりヒーヒー、ギャーギャー言いながら、柴原マイスター、田中テスターそして私5本づつヒラマサを釣り大型クーラー満タンで大満足のヒラマサ釣り初戦でした。

今回使用した「黒政極SP」は前作の黒政SPを受け継ぎ、マットブラックのウキ+ヒラマサに警戒感を与えないようカゴの網目にステルスブラックカラーを採用。スレたヒラマサに対応したカゴとなっています。

遠投したい方はL。近距離を攻めたい方はM。ワンタッチで脱着出来るので、使い分けしてみてはいかがでしょうか。

ヒラス、黒政袋128424054_792140588316508_7871919077602052550_n

「黒政極SPは、マットブラックのウキ+ヒラマサに警戒感を与えないようカゴの網目にステルスブラックカラーを採用し、スレたヒラマサに対応したカゴとなっています」