Field Report

石師魂エサホルダーで粘りの一発! 長崎平戸島 上の早福瀬/レポート 行武 聡(博多絆会)


今回の釣行にてキザクラの「石師魂エサホルダーイエロー」の効果では、というようなヒットがありましたのでご報告致します。

令和02年3月18日、平戸宮ノ浦へ釣行しました。

御世話になりました瀬渡しは、丸銀釣りセンターさんです。 

上がった瀬は、『上の早福瀬』。

上の早福瀬は、低水温の冬のシーズンに人気のある独立礁です。

 

当日3月18日(水曜日)は、am9:40干潮、Pm3:03満潮、潮位194と今月一番の小潮まわりでした。

終日潮はフラフラと動かず、水温も14℃と低い厳しい状況でした。

当日のエサは、サザエ、ヤドカリの2種類です。

 

サザエ、ヤドカリとエサをローテーションしながら60mから遠投にて釣りはじめます。

3~5mずつ手前へポイントを変えながら探っていきます。

しかし、あらかぶ等のエサ取りしかアタリません。

そんな釣りが5時間位続きます。

残りのエサは、ヤドカリが2匹のみとなりました。

それまでは、自作のゴム菅(黒)と竹串を使ったエサずり上がりストッパーを使用してましたが、

ふと、キザクラの石師魂エサホルダー(イエロー)を持参していた事を思いだしました。

このイエローカラーは、イシダイの反応が非常に良いと聞いており使用してみます。

IMG_2057

石師魂エサホルダーの黄色のアピール力やエサを固定する好効果の話を聞いていましたが、今回、その威力を実感する釣行となりました。

IMG_2073

カウンターで50mから竿をしゃくり、エサを上下に動かしアピールしながらタナを探っていきます。

カウンター35mにて置き竿にし、竿先を見ながら回収の為片付けをしていると、

あきらかにエサ取りとは、違うネットリとした押さえ込むアタリが出ました。

テンションをそのままに手持ちに変え、様子を伺います。

ほんの少しだけ誘う様に竿できいてみると、一気に走ってくれました。

はいふく瀬完成

158538440161690111856_511277642866790_1540142454500491264_n

1585384417278

遠投釣りは広くアタリを探るため、エサが目立つことは重要なポイントです。エサのアピール力が高まった粘りの一発は、しっかりハリ掛かりして手応え十分でした。ヒットしたのは、上阿値賀の北の端方向でした。

今回の釣果は、「石師魂エサホルダー」のイエローカラーを上下に大きくしゃくりアピールしながらポイントを探った事がイシダイにアピール出来たのではと感じております。

 レポート 行武 聡(博多絆会)