Field Report

黄島にグレ釣り旅行


01.森雄司さん 02.やり取り中の柴原さん 03.50㎝近い尾長グレを仕留めた柴原さん 04.尾長グレを持つ柴原さん 05.渡船おうしま 06.中ビロー

ゴールデンウィークは師匠の柴原啓二さんを団長として、長崎県五島列島最南端に位置する黄島にグレ釣り旅行へ出かけました。

メンバーはキザクラスタッフの森雄司さん,田中一智さん,西田智之さんの他7名。午前11時過ぎに福江島に到着すると、同じくスタッフを務める山下康治さんが営む渡船おうしまが港まで迎えに来ており黄島へ向かいました。

最近の黄島は状況が悪いらしく、あまり釣れていないとのこと。事前情報は当たり、魚の活性がすごく低く四苦八苦。

瀬際~30mほど沖まで色んな所を攻めるけど、時折、30cm前後のグレが喰って来る程度で・・・(TT)。

夕方5時、一向に状況が改善しないので、ヤケクソでウキをVダッシュ/レビウスTP00にバランサーをベタ貼り。超遠投&超深タナ狙い。またデカ尾長グレでも闘えるようハリス3号としました。

その数投目で道糸がバチバチバチッとぶっ飛ぶと、強烈な締め込み。苦労して仕留めたのは45cmほどの尾長グレでメチャ嬉しい1尾です。その後は納竿まで42cmの尾長グレと44cmの口太グレを釣り上げて初日が終了。

夜はメチャ盛り上がるBBQ大会。佐賀牛,海の幸,山の幸。たぶん黄島では15年近く続けている恒例行事。翌日は4時30分に出港。

ウネリはさらに大きくなっている上、ハッキリしない潮,深タナ,低活性の中でも、Vダッシュ/マグナスTP00を駆使して、柴原さん,森さんともに良型グレを次々に釣り上げます。

圧巻なのは柴原さん。人柄を表す優しいヤリトリで50cmに迫る尾長グレを、1.75号ハリスで難なくGET。『やっぱり師匠はスゲーな』と思いました。

私も45cmの尾長グレを仕留めることが出来ましたが、ここ1発にはまたしても敗北です。午後2時、後ろ髪を引かれる思いで黄島を後にしました。やっぱり黄島は何十回来ても最高です。でも道糸が突然ぶっ飛ぶ、体感ショックの全層釣法はもっと最高です。

 

 

報告者 フィールドテスター 永松浩樹