Field Report

V.dash大活躍!真グレ会大分支部主催の実釣講習会


11月17日

真グレ会大分支部主催の実釣講習会を米水津沖、横島3番にて行いました。

九州真グレ会会長の柴原マイスターと森インストラクターを講師に招き、大分真グレ会、キザクラ大分、キザクラファミリー宮崎、オブザーバーでの参加者8名で行いました。

キザクラウキを愛してやまない方々が集まり、まずは受け付けを済ませるとサプライズプレゼントとして柴原マイスター直筆のサインを頂き益々やる気がみなぎりました。

磯に渡りまずは柴原マイスター、森インストラクターの撒き餌の作り方を間近で講習してもらいみんな真剣な眼差しで食い入るように見ていました。

image0

マキエを手で混ぜる柴原マイスター。粘りが出て自分の理想の仕上がりになるそうです。

その後は柴原マイスター、森インストラクターに釣り座について頂いて実釣してもらいますが、当日は波長の大きいウネリもあり釣りづらい状況かな?と思いましたが、流石は柴原マイスター!

V.dashを使って1投目から型のいいグレを食わせ、仕掛けの入れ方や食わせのタイミング、魚を掛けてからのやり取りを説明しながら取り込まれました。

image1

image2

さすがの柴原マイスター。1投目から良型をヒットさせました。

しばらくお二人の釣りを参加者みんなで観察して、ペアの4組に分かれて実釣開始です。

自分は連れてきた方のサポートもあり釣りをすることができませんでしたが、皆さん、講習会で学んだことを実践しようと四苦八苦しながらも頑張っていました。

image3

image4

クラブキザクラファミリー宮崎の下徳さんも良型をゲット。

image5

クラブキザクラ大分の河野さんも良型をキープ。

image6

クラブキザクラ大分の谷口さんもv.dashで仕留めました。当日はメンバーのほとんどがv.dashをメインで使い釣果を上げていました。

厳しい状況ながらも何とか全員安打で、自分も午後から瀬替りして2時間ほど竿を出して何とかグレを釣ることができ満足の1日でした。

帰港後も貴重なお話や参加者の『楽しかった、勉強できた』との言葉を聞いて今回、実釣講習会を開催して良かったと思いました。

遠方から時間や都合を合わせていただいた柴原マイスター、森インストラクター本当にありがとうございました。裏方で細部に渡りサポート役として動いてくださったキザクラ大分スタッフの原田さん、本当にありがとうございました。

また準備から段取りしてくださいました真グレ会大分支部の役員の方、ありがとうございました。お忙しい中参加頂いた皆さん、本当にお疲れ様でした。そして感謝の気持ちでいっぱいです。

image7

柴原マイスター、森インストラクターの釣技を目の当たりにでき、参加メンバーはとても有意義な1日を過ごすことができました。寒グレシーズンへ向けて、これからの釣行がますます楽しみになりました。

クラブキザクラファミリー宮崎  田代 聖二