Field Report

アピール力が高い石師魂イエローで秋磯到来を告げる本石ゲット! 宮崎県 日南海岸地磯


釣行日 2020年10月4日 日曜日 中潮 満7:17 干13:14

当日は、秋磯開幕の鹿児島、船間へ行く予定だったが、台風14号の影響で中止となった。 波、ウネリが大きいとの事。

そこで宮崎の地磯に予定変更。 しかし波ウネリあり、朝方が満潮で地磯も限られる。

結局、日南海岸の地磯へ行く事とした。 そこは水深に乏しいが、少し波がある方が好条件になるためだ。

釣り場に着くと、幸い自分が竿を出したいと思うポイントが空いていた。 しばらく波の状況を確認すると釣りが可能なので、タックルを準備する。

今回は、竿がダイコー伝承5.4mMH。リールはフロストン石鯛ブラック18号を巻いたダイワシーライン石鯛40WH。瀬ズレはなしで石師魂遠投ゴムテンビンイエローに30号のナマリをセット。ハリスは石師魂49本ヨリワイヤー仕掛け(30㎝#45、ハリ15号)を使用。

新中村

ヤドカリを石師魂エサホルダーで固定してスタート ポイントは、カウンターで 60メートルほどの遠投釣り。

遠投釣りは、足元狙いのようにマキエで魚を寄せないため、いかにエサをアピールするかが重要。そのため、アピール度が高い遠投ゴムテンビンとエサホルダーのイエローは、かなり有効だと思っている。とにかくエサ着底後の反応が早く、それが釣果アップに繋がっている。

121115209_642342313120941_7685177528154059132_n

ポイントはカウンター60地点。竿の角度は高く見えるが、竿と道糸の角度は足元の手持ち釣りと同じ間隔になるように心がけている。

ヤドカリで期待高まる第1投 しかし 1~2投目はアタリが出るものの明らかにエサ取り。3投目でようやく石鯛らしい魚信で竿先を押さえる。

が、食いが渋いのか、なかなか走らない。

ジワリジワリ押さえて行く時に 一瞬走った感じがあり合わせを入れた。ところが早合わせで、痛恨のスッポ抜け。 せっかくのチャンスだったのに…。

エサを確認するとヤドカリが潰れていて、石鯛だった事を確信。反省。

気を取り直し、同ポイントへ投入。

2投目で先程と同じようなアタリが竿先に出る。 じっと穂先を凝視していると、ウネリで揺れているのとは明らかに違う。

121096625_381719853235370_7749712140722300821_n

ウネリで穂先が揺れてアタリは取り辛いが、魚による魚信とは明らかにその動きが違う。波気がある日はより集中して竿先を凝視している。

今度こそ慌てないように…。

やがてジワジワと押さえ始めたが やはりまた走らない。何とか食い込ませようと、 竿を手持ちとしアタリについていく。

私は遠投釣りの基本的なパターンは、本命らしいアタリがあると手持ちにして送っていくやり方。足元釣りでは、状況で送ったり誘ったりするが、沖め狙いは、誘いを一切しない。誘えば根掛る確率が高まるからだ。

引きに合わせて腕を伸ばして竿を送っていくと、一気に走った。 渾身の合せを入れて、カウンター 60からのやりとり開始。久しぶりの引きを楽しみながら、ようやく足元まで寄せてきた。

足元に瀬が出ているので慎重に交わしてブリ上げた。綺麗な銀ワサに小さくガッツポーズ デカバンではないが、宮崎の地磯では納得サイズ。 ハリはガッツリとジゴクをとらえていた。

121103323_405566757500335_5725032314710696252_n

石師魂49本ヨリワイヤー仕掛け(30㎝#45、ハリ15号)が確実に本石をとらえた。エサホルダー、遠投ゴムテンビンの黄色のコンビとしなやかかつ強度がある49本ワイヤーは、私にとって手放せないアイテムとなっている。

121107556_3336462913116490_2379764359478576106_n

秋磯到来を実感できる本石はうれしいもの。ましてやタフコンディションの中での1枚は喜びも一入。これからは秋のデカバンが狙える大隅を中心に釣行を重ねたい。

中村ヤドカリ

今が時合いと思い、すぐにストリンガーにつないで次を狙ったが、ウツボ、エサ取りだけ。次第に潮位が下がったので、釣果を追加できないまま納竿とした。

今回、本石の顔が見れて秋磯到来を感じる満足な釣りとなりました。 石鯛のアピール力が高い石師魂イエローは、秋磯本番もさらに活躍してくれると信じています。

レポート 中村良文(石鯛正道塾)