Field Report

ウキ釣り楽し!状況に応じた私の全遊動釣法、半遊動釣法 


私の最近の釣り方ですが、ウキは円錐ウキから水平ウキ、黒魂DET、Jokerと棒ウキまで色々使っています。

基本はウキを浮かせた状態(シブシブ状態)の全層釣法、全遊動から始める事が多く、状況によってガン玉やキザクラ製品のJクッション等のお助けアイテムの力を借りて対応しています。

風や2枚潮等々で仕掛けの入りが悪いと感じた時はD.SUSシリーズの2段ウキ仕掛けを使用します。

使い分けとしては風の影響が少ない時はオーソドックスな全層釣法で、ゆっくり仕掛けを入れていきながら縦方向の魚のいるタナを探っていきます。この釣り方に潮の流れが加わると、潮の流れの横方向も探っていくことになります。

釣り座に立って海面を見たときの平面と魚のタナをイメージした時の縦方向の側面が、より立体的(3D的)に捉え易い様な気がします。 

意外と思うかも知れませんが、この仕掛けの利点は軽いので魚のいるポイントを見つけやすいことです。

簡単に言うと、ツケエが入る場所(入りやすい所)を見つけるのが得意な仕掛けだからです。

本命の釣れる時の潮、釣れない時の潮があるとは思いますが、釣れる時の潮は案外素直(良い感じ)に仕掛けが馴染んでくれると思います。

私の通っている東北のフィールドで太平洋側と日本海側では少し状況は異なりますが、基本的には本流が流れて目で見てはっきりと潮のカベがわかるという状況はあまり多くありません。

一部の地域では本流が流れ、ダイナミックな釣りが出来る場所もありますが、どちらかと言うと干満で生じる流れや、沖の方で潮が流れ(本流が流れ)、それの引かれ潮が全体的にゆっくりと動く時に釣果が安定している気がします。

そんな状況の中でポイントを絞り込んでいくのですが、目で見える潮の変化の情報が少ない分、仕掛けから得られる情報がカギとなって来ます。

いがい① いがい②

魚を釣るには狙う魚のタナへとツケエを入れなければなりません。潮の流れも目で見える表層だけではなく、その下の流れ、魚の居るであろうタナの流れもイメージしなければならないのですが、魚の着いている場所はフラットな所よりも根が点在していたり溝があったりと海底の起伏の変化の大きな場所が多く、それに伴って潮の流れも複雑になる事もありますが、ウキ止め無しの全層釣法はツケエが潮を受け、入る所では入り、弾かれる所では弾かれ流れて行きます。

私の場合、その小さな潮の変化を見つけるのに全層釣法は持って来いな(適した)釣り方です。

釣り人は目で見える情報やその日のコンディションを元に仕掛けの投入点を探しツケエの入って行く(縦方向でも横方向でも吸い込まれて行く)所、少しでも変化のある所を見つければ良いのです。

状況が許す限り仕掛けは軽めで、犬の散歩の様にツケエの行きたい所へ行かせてあげる(笑)。釣り人はライン(道糸)や竿先の向きに気を付け、ツケエの進みを邪魔しなければOKです。

私はその様な場所を探り探り狙って釣っています。潮任せではありますが、ゆっくりであれ、何であれ(笑)、潮が流れていれば何かしらの情報や結果を持ち帰ってくれます。

それは表層だけではなく、釣り人の知りたいその下の情報です。仕掛け回収時の仕掛けの重みの感じ方や、上がって来る時のウキとハリ(ツケエ)の位地などは貴重な情報です。

全層だからこそ得られる情報と言うのもありますし、全層では得られない情報と言うのもあります。まあ、情報も引き出しも多い方が良いですよね。

初めての場所やポイントを絞り切れない時、朝一等、状況が分からない時程、私の中では一番出番の多い釣り方です。

いがい③

「根まわりを全層釣法での釣果。仕掛け(ツケエ)の入る小さな潮の変化で食ってくれました」

そしてもう一つはD.SUSシリーズでの2段ウキでのアプローチで、私の場合は主に風対策などタフコンディションの時に特に出番が多い釣り方です。

いがい④

このシリーズは上ウキのアタリウキよりも下ウキの体積が大きいのが特徴で、アタリウキが小さいので食い込みも良く、風の影響も軽減出来ます。

しかも体積の大きな下ウキが潮を掴んでくれるため、アタリウキが風で流されにくくしてくれます。

強風や表層だけ流れる2枚潮等でウキや道糸が流されたりとウキ止めを付けない全層釣法では対応が難しく仕掛けの入りが不安な時、タナをしっかり取りたい時はすかさずこの仕掛けにチェンジしています。

いがい⑤

「横風の強風とタフコンディションでも心強いD.SUS&D-MAX」

私のホームグランドでの多い使い方は浮かせて(シブシブ、少し沈め気味で)タナを取る釣り方で、風の強さによって上ウキと下ウキを色々組み合わせて使用しています。

私のウキの選び方、仕掛けの組み立て方は、風や表層の潮は出来るだけウキで対応してもらい、ハリスには出来るだけ小さなガン玉(ジンタン)で対応する様にしています。

重要なのは、上ウキと下ウキの距離と角度だと思います。風が強い時、下の流れを掴みたい時は上ウキと下ウキの距離(間)を長くする方が効果的です。

私の場合、仕掛けの馴染み具合は上ウキと下ウキの角度である程度判断しています。

角度が付き過ぎる(馴染みが悪い)時はウキの号数で調整し、タフコンディションであればあるほど角度に気を付けています。

こちらでのターゲットはクロダイ、マダイが多いので、上ウキと下ウキが立った状態になっても食ってくれると信じ、仕掛けの馴染みを優先しツケエがタナまで入るかに気を使っています。

ただしウキでカバーしてもらった分、仕掛けの下側は出来ればナチュラルにしたいのでハリスの方は出来るだけ軽めで、状況にもよりますがジンタンの7~8号を2段打ちで対応する事が多いです。

水深のある場所やタナを探りたい時は全層沈め探り釣りにもシフト出来るので重宝しています。

いがい⑥

「荒れ模様の中、D.SUSMacro&ディンプルMacroでしっかり潮の流れを掴み、タナをキープ出来たお陰の1枚です」

こんな私の釣り方ではございますが、皆様のご参考になれば幸いです。

レポート/亥飼真司