Field Report

クラブキザクラ大分 大会報告


5月27日(日)クラブキザクラ大分の第9回結成大会及び定期総会を鶴見の磯で開催しました!
      

当日は17名のメンバーが集まり、受付と競技説明を終わらせ、いつもお世話になっている速見丸に乗り込み、4時30分に出港しました。

今回は25cm以上のグレ3尾の総重量での競技。グレの部1位〜5位、他魚の部1位を表彰します。

当初は沖磯を予定していましたが、出港後船長より沖磯はグレの釣果が望めないから湾内の方がいいとの話をもらい、急遽湾内にエリアを変更することにしました。

湾内で有望な宇土島から渡礁を始めるが、沖磯が食っていないためか有力な磯は満員御礼で、奥まった磯しか空いてない状態。仕方なく順次瀬上がりしていき、私達は湾奥の島江のハナレに渡礁しました。

今回同磯の相棒は、今期より入会した安心院君。
V–dashを愛用し、最近腕をめきめきと上げている好青年です。

ここは初めて上がる場所で、沖向きは水深があり雰囲気は凄く良い感じだが、この磯ではアジゴとサバゴの猛威に手も足も出ないまま、9時の見回り便で老松に瀬変わりすることにしました。
image1image2

老松では超遠投が必要なため、ウキはDear–Gコレッサの0シブをチョイス。
浅ダナを意識して狙い、チヌやバリに邪魔されながらも、何とか本命を2尾キープして納竿の時間を迎えました。

さて、帰港後、検量に入るが持ち込まれたグレのサイズは小さく、キーパー前後が殆どで厳しい釣果・・・

そんな厳しい状況の中、30cmクラスを3尾揃えた三重野君が念願の初優勝、2位は同礁した谷口さん、3位は私、関でした(^^;;

他魚の部では53cm2480gのチヌを釣った三浦君が1位となりました。

image1 (2)image3

image4image2 (2)
全体的にはチヌの活性が高く、グレは産卵後の停滞期といった感じです。
釣果は今一つでしたが、クラブ員みんなと楽しく懇親が出来ました!
大会に参加された会員の皆さま厳しい状況の中、大変お疲れ様でした!

協賛して頂いたキザクラ様、速見丸船長様大変お世話になりました。
ありがとうございました!

image3 (2)
                            リーダー       関  淳二