Field Report

グレ・イサキ乱舞! 佐賀県 呼子沖の松島にて


日時:令和2年2月1日
場所:唐津市呼子沖-松島/丸岩  
渡船:マリンペガサス

去る2月1日、佐賀県唐津市呼子沖の松島に向かいました。

前日までの時化と風の影響で、上礁出来る場所が限られているためか、休日なのに5名で朝5時30分に出船となりました。

私は松島の丸岩という磯に上礁。すぐに仕掛けの準備に取り掛かります。
RIMG1199

今日のように強風が予想される日は、ウキにバランサーを多めに貼って入れ込みたいところです。
が、この場所はほかに比べ比較的浅いため、バランサーを貼りすぎると根掛かりが連発します。

なので今回は、道糸にハリス5mを直結し、その中にウキを通し、さらにサルカンを結んでハリスを2ヒロ取ります。
ハリスの重みで仕掛け全体を馴染ませまる形です。
ウキは、ウキ下の入りを抑えるために「Vダッシュ/マグナスST00」としました。

7時、明るくなったところで釣り始めます。
上げ潮が北に向かってゆるりと流れています。

RIMG1195

マキエを先打ちして仕掛けを投入すると、2投目で道糸がぶっ飛ぶ体感ショック!!!
気持ちの良い引きを楽しみ、上がってきたのは良型イサキ。
その後も仕掛けを投入すると、着水後すぐに良型イサキが!
バンバン釣れます!
朝一は魚もお腹が空いているのかな?

しばらくすると今度はグレも乱舞しはじめました。
またしても気持ちよく道糸が弾かれます。
あれよあれよと言う間にクーラーに釣果がどんどん追加されます。
近場でこれだけ釣れれば文句の言いようがありません!

時合が続いていた9時過ぎ、バチバチバチッと道糸がぶっ飛ぶ目の醒めるようなアタリがきます!
パワフルでしつこい締め込み。
本命良型の期待に胸が高鳴ります。

左のシモリをやり過ごし、無事タモに収まったのは43cmの尾長グレ。
すごく嬉しい1尾です。


この日は風が強かったものの、15時の納竿までグレ・イサキともに釣れ続きました。

大都市福岡から1時間30分ほどで行くことが出来、中型が主体になるものの数もたくさん釣れる呼子沖磯。
馬渡島/金成丸,松島・加唐島/マリンペガサス,小川島/幸丸などエリア分けもきちんとされているので、安心して行ける場所です。

シーズンもあと2月で終わりです。キザクラのウキを持って磯に繰り出しましょう!

報告者 フィールドテスター 永松浩樹