Field Report

ブレイクスルルーでトライ! 愛媛県愛南町中泊


四国地方も梅雨明けして、暑い日が続いていますが、皆様は暑さに負けず磯に行かれていますでしょうか。

私も、石鯛様にエサをあげに行ったり、イサキを狙ってみたりと、宇和海の磯に通っております。

今回は、キザクラの新製品のブレイクスルルーを使っての、するするスルルー釣りに挑戦してきました。

キビナゴをサシエに、撒き餌もキビナゴを使い、

青物や根魚などなど大物を狙う豪快な釣りなので、タックルも強めのものを準備します。

ハリスも10号でトライしてみました。

場所は、愛媛県愛南町の中泊の沖磯です。

お世話になったのは、しば渡船さんです。

DSCF2796

梅雨明け後の平日とあって、釣り人も少なく

「足元から本流が流れるところがいいです」

との要望にも快く応えていただき、お目当ての磯に降りることができました。

仕掛けを準備しながら、いつものフカセ釣りの感覚からすると、「ずいぶんと大きく、重量があるな・・・」と、改めて感じたのですが、

実際に仕掛けを振り込んでみると、本流の中での安定感や、キビナゴを流れから外さないように流し込むときの操作性など、使ってみてなるほどと納得できました。

今回使用したのは、大きさとしてはライトとヘビーの2種類があり、それぞれにF(フローティング)とSS(スローシンキング)があるのですが大きいほうのヘビーのSSを使ってみました。

DSCF5446

DSCF5453

複雑な潮に対しても、どっしりとしてちょうど良い余浮力があり、もぐり潮になっても引っ張られすぎない使用感でした。

それでいて、フグ類などのかじるアタリにはゆっくりと押さえるようなアタリが出たりと、変化をつかみやすい仕様でした。

DSCF5447

手探りながら、足元から仕掛けを流し込んでいくと、上手くなじんだキビナゴが流れにのっていき、道糸もパラパラと、出ていきます。

糸が出た分だけスプールから糸を出しながら流していくと、ブレイクスルルーが、一瞬で海中に消し込まれ手元にひったくるアタリがあり、慌てて合わせを入れます。

不意のアタリだったので油断していましたが、何とか立て直し、リールをゴリ巻して浮かせたのは、クロホシフエダイでした。

その後も、同じように流して、もう一匹クロホシフエダイを追加しました。

DSCF5450

流す場所を変えてみたり、磯際を流してみたりと、いろいろ試していると、本日一番のアタリと、締め込みがありましたが、残念ながら磯際でかけたこともあり、バラシてしまい、顔を見ることはできませんでした。

これから、暑さもあって、釣り人も少ない時期になるため、比較的狙いの磯に降りやすくなる時期なので、機会を見てまたチャレンジしたいと思います。

皆様も、大物との豪快なファイトを楽しみに磯へ行ってみてください。

リポート 宇田 佳嗣