Field Report

初挑戦の大物釣り場。


20151222_094138 20151222_170241 20151222_170435 1450922176614 1450922186917 1450922198345 1450922206449 20151222_092829

 

 

初挑戦の大物釣り場。

かねてから、一度は挑戦してみたい釣り場があった。それは野母崎の三ツ瀬である。

それが念願かなってようやく行く事が出来た。

案内してくれたのは、キザクラテスター仲間の柴原一太君。

私は、釣友の田中君とともに、3名でこぶ瀬と言われる、随一のポイントに上げてもらった。

釣り座を教えてもらって、さっそくの釣開始。

仕掛けは、全層環付ウキでの沈め釣である。Rショットの00号に浅場用のホルダーでゆっくりとなじませていく、ハリスが太いのでやはり潮乗りが悪い感がある。そこでホルダーをハリスの中に入れて、ウキとの一体感を演出して、やや沖めに投げてアタリを待つと、

口太らしき、ラインを張るアタリが来た!合わせたくなるのを我慢して、仕掛けをそのまま送り込んで、針を飲み込んでくれるのを待つと、たまらず強烈に走り出したのである!うわさに聞いていた野母崎の強烈な引きを初めて味わう。

タックルが強靭なので、ゆっくりと楽しみながら浮かせたのは、2キロクラスの口太である、それにしても素晴らしい体高だ!

離島でもないのに、いきなりのいい魚に感激であった。

そして私の後ろでバチンという音が聞こえ振り向いてみると、柴原くんが道糸から切られていた。どうやら強烈な尾長が来たらしい、そのあとすぐに田中君にも強烈な当たり!これはヒラマサのようだ!沖に猛烈に走っている、

同じく強靭なタックルではあるが、それでも切られてしまった!この場所はなんというポテンシャルなのであろうか!あたってくる魚が離島の一級磯なみである。

そして私、今度はサラシの先端をウキをRショット0シブで浮かせて付けエサを落とし込んでいくと、ゆっくりウキが入り途端に強烈なアタリが襲ってきた!先ほどの口太よりも重量感があり、良型のようだ!

暴れる魚を何とかいなして、浮かせたのは50㎝、本日最大の口太であった。

そのあとも強烈なイサキなど、とにかくいいアタリが続き、全員が良い釣果に恵まれたのである。