Field Report

春磯開幕


1028 1076 1085 1084 1073 1069 1067 1066 1037 1053
スタッフの古川です。今回は春尾長がそろそろ始まるのでは?と思い、下五島の玉ノ浦から大瀬崎灯台下の立神に行ってきました。

同行者はキザクラスタッフの田中さんと現地案内人兼キザクラスタッフの山下さんです。この日はお昼前が干潮。なので本命の上潮が行くまではどうなるかは不安です。おまけにここ最近の釣果も芳しくないようで・・・

釣り開始早々、バチバチバチと当たりが!ゆっくりと引きを楽しみながら上がってきたのは40cmお腹パンパンの口太グレ。ここには産卵前のグレが残っているようです。

隣で並んで釣っているお二人も早速竿が曲がっています。みんなで、「以外に釣れるね」とニンマリ。時折良型のジャンボイサキも混じります。

午後になり期待の上げ潮に期待してましたが、なかなか思い通りに流れてくれません。納竿2時間前の午後3時、待ちに待った上げ潮が走りだしました。

本流にV.Dash乗せて仕掛けを入れていくと、勢いよく道糸が弾かれます。流れに加え強烈な引き!姿を現したのは茶色い魚体の尾長。いや~いつみても美しい魚体です。それから納竿までの間、磯の上はお祭り状態。久しぶりに強烈な体感ショックと強烈な魚の引きを楽しむことが出来ました。