Field Report

40超の尾長ゲット!クラブキザクラ高知親睦釣り大会 In沖ノ島、姫島


11月23日にクラブキザクラ高知の大会で、高知・沖ノ島海域の姫島に行ってきました。

今回は島一渡船さんにお世話になり、『幼稚園』と言う磯に、4人で上がりました。

僕が選んだ釣座は、1番低い釣座。

左側に大きなシモリが2つ沈んでいたので、その手前に撒き餌を打ち、仕掛けの準備に取り掛かります。

今回の仕掛けは、道糸3号ハリス3号ウキ:V.dashマグナスST-00針 グレ針7号。

JクッションのJ6 以上をセットし、ハリスにはガン玉を打たず、ノーガンでスタート。

シモリとシモリの間に仕掛けを投入。サラシに揉まれながら、少しずつ手前に、帰ってくる。

すると、1投目からオジサンがヒット。2投目に、イスズミがヒット。

狙い方は間違ってないなと思いながら、仕掛けを打ち返します。

そして釣り開始から1時 間くらいたって、強烈なアタリ。引きも、メチャクチャ強い。

数度の締め込みに耐え寄ってきたのは、良型グレ。けど、尾長か口太か、確信が持てない。

そのグレにアタックしてきたサメをなんとかかわして、取り込み成功‼️尾長?口太?早速、同礁者と確認し、検寸。42センチの丸々した尾長グレでした。メチャクチャ嬉しくて、松木会長にラインを送ります。これが、後で功を奏します。

image1

そしてその後、3号ハリスをぶち切られ、即4号ハリスに交換。そして良型イサキをゲット。

そして、突然の竿引きのアタリ。2号竿が、ひん曲がり。少し手前に寄せた所で、ブチっ❗️

未体験ゾーンの引きでした。その後は、辺り一面サラシが強くなり、サラシが弱くなるタイミングで、仕掛け投入。またまた強烈なアタリ。が、ブチっ。

再度、仕掛けを投入。そして、この日1番の強烈なアタリ。

瀬際まで寄せてウキが水面から出る所まで来たのですが、ブチっ……。もう呆然。

落ち着いて海を見るとウネリが大きくなってきたので、安全を考えて、早めに納竿。

そこで悲劇が。キーパーバッカンを固定していたヒモをほどき、後ろを向いて片付けをしていると、大きな波がきて、キーパーバッカンが流されてしまいました。

なんとか回収できたのですが、魚はサヨナラ〜。油断大敵です。怪我がなかった。それが一番です。

そして港に帰り、検寸し表彰式。

自分は参加賞だけと思っていたら、松木会長とクラブキザクラ高知のメンバーの恩赦?のおかげで、なんと優勝🏆することができました。おまけに、次回大会の強制参加権まで頂きました。

また参加したい大会でした。沖ノ島海域は、夢で溢れてます。皆さんも、是非チャレンジして下さい。

image2

前列中央が私です。