Field Report

長崎県 宮之浦に釣行しました。


20161104_142402 20161104_133516 20161104_154139
いよいよ秋磯本番と言うところで、長崎県 宮之浦に釣行しました。
キザクラテスター仲間の柴原一太君が今日の相棒です。

朝一は、頭ケ島の平瀬に上げてもらう。
私は東向きに釣り座をかまえ、竿1本さきに仕掛けを投入する、今にもつれそうな気配で潮が流れている、足元に撒き餌を打っていると、いきなり竿引きのアタリが来た。
久しぶりの宮之浦だが、反応の速さはと魚影は格別だ、35㎝の口太であった、1投目からつれそうな気配ではあったが、やはり来てくれた。
それからは、怒涛の連チャンであっという間に10枚程キープ。癒された朝マズめであった。

今日、使用しているのは、キザクラのR-NEX、この秋新発売された、私の待望のウキである。
とにかく、潮掴み、遠投性、操作性は抜群。おまけに、環付の弱点であった、糸がらみも驚くほど軽減されている。
正規品をこの宮之浦で使用するのは初めてであるが、いきなり答えを出してくれた!
朝マズ目が終わり、水道側で釣っていた柴原君のところに様子を見に行くと、こちらも絶好調で、さすがである。普段は厳しい状況で釣をする事が多い私たちには、贅沢なフィールドだといえる位よく釣れたのである。

昼前に、尾上島の南側に瀬替わりをする、ここもA級の場所だが、遠慮なく釣らせてもらう。。。
上げの本流が残っていて、潮の中を釣ってみる、この激流でR-NEXがどの様な働きをしてくれるか楽しみだ、釣りはじめの数投げは、撒き餌が効いていないのか、付けエサが残ってくる。
足元の撒き餌には、スズメだいの大群がいるのだが、本流の中には入ってこれない感じだ、クロのタナはもう少し深めかなと思いウキを00から000に変更、抜群の潮掴みで、ラインを張りながら流しても、流れの筋を外すことなく巻き餌の到達点に仕掛けが入り込んでいくと、道糸の放出が緩やかになり潮のよどみに入ったことを知らせてくれる。ここだと思いラインを止めて張った状態でアタリを待つ。

この時が浮き上がらないこのウキの真骨頂である、数秒後に案の定バチバチの体感ショック!!40センチ弱の尾長であった。
パターンにはまれば怖いものなし、どんどん釣果を重ねていき、ライブウェル満タン、柴原君と合せると、70枚ほど釣ってしまった。もちろん小型のクロは海に返し、必要な分を持って帰ることにした。

これから型が良くなり面白くなっていくクロ釣り、R-NEXがどんな魚を見せてくれるか楽しみだ。