Field Report

黒魂DET クロ釣り釣行


遥か沖を流れる潮の中、そこに潜む良型の尾長グレ、これまであと一歩届かなかったド遠投エリアがある。

黒魂DETの出現でようやくたどり着くことができたたのである!

 

舞台は上五島の白瀬灯台、4番と言われる場所、幾度となく挑戦したポイントであるが、この場所ではいまだに、ボーダーラインである50㎝オーバーの尾長を仕留めたことはなかった、

沖に良い潮が通す場所である、その流れにひかれる潮を釣ることがセオリーであるが、魚影の濃いフィールドであるために、先に中型のクロが食ってしまうのだ、何とも贅沢な話ではあるが、ここではマイナス要素になってしまう。

そこで今回は、本来クロダイを狙う目的で開発されたウキを使用する、

このウキは、環付の棒ウキタイプであり、0号で21.9gと円錐ウキとは別格の重量があり、当然遠投の飛距離も半端ではない、大きく振りかぶれない4番の磯においては、

この遠投性能は大きなアドバンテージとなると確信していた、

 

当日も中間距離で40㎝後半サイズの青白い、高活性の口太グレや尾長が当たってきた!35㎝クラスはリリースサイズとなっている。

この状況で黒魂DETを使用してみる、沖で浮いている魚をターゲットに定め、浅場用のホルダーを使用しガンクッションのJ6のみでハリスはノーガン。しっかり遠投してみる、50m~60mラインに着水、くるなら1分以内だ!

 

撒き餌は限界まで遠投し、沖に流し込むイメージでまきえさの帯を作っていく。

潮の中を黒魂EDTがゆっくりと流れている、道糸はやや張り気味にして、深く付けエサが入りすぎないように、なおかつ張りすぎないように神経を注いで、アタリを待つ。

仕掛け投入から40秒程度。そろそろと思った瞬間、ひったくる尾長のアタリが来た!!やはり一分以内だ。

一発で良型だとわかる強烈な走りが竿をうならせる、できるだけ魚を興奮させないようにゆっくりと引き寄せて、なんとかタモに納めることに成功。

51㎝!いきなり出たこの魚、うれしさがこみ上げる!再び遠投!続けざまに53㎝!これは完全にはまった感がある!45㎝の尾長はもはや雑魚扱い・・・

こんなこともう二度とないかもと言えるほどの好釣果、昼過ぎの潮どまり寸前にも51㎝、今年何かと不調な釣果に終わっていた私に、最高のアイテムが加わった瞬間であった。

 

竿1.75号

リール3000番

道糸 インプレッション3号

ハリス MG2.5号1.5ヒロ

ウキ 黒魂DE0号T~黒魂R2 00号.0号.0シブ

 

ホルダー 浅場用

基本的にハリスはノ-ガン。

針 尾長針 4号~6号