Field Report

宿毛釣行


宿毛のチヌが釣れだしたとの情報が入り、急遽3月27日に弾丸釣行して来ました。
当日、船頭さんが降ろしてくれた磯は、前日・前々日と50オーバーのマッスルチヌが出ている所で、かなり期待が持てます。
朝、8時が満潮ですので、すでに引き潮が流れています。初めて上がる磯で、横風も吹いていて、ポイントも少し遠い様なので、オールラウンドに使えるIDR Dear G CORESSA!の0シブをチョイスしました。
10m位沖で大体の水深をイメージしながら数投します。べラが釣れてくる水深が7m前後なので、その辺りを狙ってみます。しかし、釣れてくるのは、木っ端グレばかり。
何処を狙っても木っ端ぐれの入れ食い状態です。潮が流れるわけでもなく沈み瀬があるわけでもない、一面に、木っ端グレが居てお手上げ状態です。何処をどうやって釣れば、チヌが釣れるのか分からなくなってしまいました。
この状態は、3時まで続きました。普段は、3時で帰るのですが、船頭さんに、5時まで延長をお願いして、夕方の満ち潮を狙ってみます。
満ち潮に替わってから、今までいた、木っ端グレがしがたを消しましたが、エサも取られなくなってしまいました。風も、横風が強くなって、(潮の流れと、風が逆)仕掛けを馴染ませ辛くなったので、思い切って仕掛け交換します。以前、広島の沼ちゃんが水深があまり無い所でも、V-dashを使っていたのを、思い出しV-dash Ks Grevis stの00に替えゆっくり水面から、海底まで探りながら、狙ってみます。
仕掛けを替えましたが、魚からの反応は無いまま、残り時間、1時間位になりました。満ち潮が少し流れ出しウキがいい感じに流れがしました。すると、魚の反応があり、40cm位のサンノジ・ヒブダイの40cm級2枚を釣りましたが、未だにチヌの反応は無し。
残り30分位になって、もうそろそろ片付けないといけない時間になりますので、慌てて、仕掛けを投入します。
奴が来ました。
V-dashを投入して、ゆっくり仕掛けが馴染んで、ウキが見えなくなって少し待っていると、軽く竿先が押さえ込まれたような感じがあり、少し仕掛けを張ってみると重い。
根掛り?て勘違いする位重いですが、竿を叩いている。引きもしなくただ重いだけでウキが水面下に見える位まで簡単に寄ってきました。玉網の所まで移動して、もう取れると油断した時に、急激な締め込み。竿でタメますが、どうにも止まりません。30m以上ラインを出さされ、何処まで行くんじゃい?と思った瞬間ラインブレイク。
仕掛けを回収してみると、ハリストの2号が無残にも、切れています。
時間が無いと、慌てて仕掛けのチェックを怠った、自分のミスです。完全に取れると思ったのですが。その後、仕掛けを替え1投目、同じ様に、仕掛けが馴染んで、竿先が押さえ込まれるようなアタリが有りやっと50upのチヌが釣れたと思いや、48cmしかない。
次の1投で40cm位のチヌを釣りましたが、ここで時間切れ。
何とか、2匹のチヌを釣る事が出来ました。流石宿毛のチヌ引きは目茶苦茶強いです。
バラシた魚が何だったのか、次回釣行がまた楽しみです。次回は、黒魂HUWARIを持って行こう。