Field Report

静岡県下田沖の神子元島へ


連休頭に伊豆半島一泊二日の釣行を計画していましたが時化で断念、他の予定も入っていたので1日だけの釣行になってしまいました。

オキアミ、エサ等と自分の食糧を買込み渡船基地の手石港へ到着したのは午前1時頃で3時間弱仮眠をとります。

4時に宿が開いて乗船名簿を記入、船長へ挨拶を済ませ4時半には出船します。

外海へ出ても船は滑るように走り海の状態は良さそう、船はアンドロ、エビ根とお客を降ろし、私と仲間2人はツナトリへ降りました。

神子元本島ではなく離れ磯で3人なら十分にポイントは取れるので期待に胸は膨らみます。

私達3人は本島を背中に横1列に並んで竿を出しました。

私は左側に釣り座を取り、向かいにチョンボリがあるのでその間を攻める作戦でタックルを組みます。

1.5号竿に、ミチイト2号 ハリス2.25号2ヒロ グレバリ7号、ウキはIDR DearG CORESSA! 0シブをチョイス このウキはフォルムからして一目瞭然潮乗り良く、更に自重が有るので向かい風、横風をものともせず狙ったポイントへ仕掛けを打ち込める最近のお気に入りウェポンです!

ウキ下は遊動50㎝ほど、なるほどウキ止めで馴染むとゆっくりとしもる位にガン玉7を2点打ちからスタート。

目の前は潮がぶつかり合いヨレもありイイ感じと思いきや仕掛けもコマセも手前に寄ってしまうあて潮です。

そんな状況でもミチイトを少しずつ巻取り仕掛けが馴染みCORESSA!が沈むとサンノジや30弱クラスのイサキは喰ってくるもののメジナが一向に釣れない状態でした。

昼を過ぎた頃からあて潮が緩んださなかCORESSA!が気持ちよく海中へ吸い込まれ合わせをくれると重みたっぷりの手ごたえ、海面に浮いてきたのは待望のメジナでサイズもまずまず、タモ入れも慎重に行い計測すると46㎝の良型クチブトでした。

その後、41㎝、38㎝を追釣し納竿時間となりました。

今回は下田沖根特有の潮がガンガンの中での釣りではなく決して好条件とは言えない状況でしたが何とか結果が出せて一安心でした。

 

フィールドモニター 高橋 新吾