Field Report

上甑島 里の釣り


2月24日に上甑島 里へ息子雄一と釣り友の寺園さんと行った。当日、出港地の串木野港に着くとクロ釣り好調なのか、石原船長の人柄なのか大勢の釣り人で賑わっていた。

石原船長に挨拶し荷物を積み込み午前4時に出港した。いつものように船長から 柿添さん用意して~。と呼ばれて瀬上がりしたのは犬島本島でした。

今日は天候もいい感じ、足場も良く釣れそうな感じがします。明るくなって寺園さん、息子、私とそれぞれに釣り場を決め釣り開始。撒き餌さを打ち流れを見てみると、左側に流れていきいい感じです。

今回の仕掛けは竿BBX-スペシャル1.2号
リールBBX-ハイパーフォース3000タイプG
・ウキ17GTR0シブ
・ラインセミフロートインパルス2.5号
・ハリス ハリストマスターグレード2号とした。

仕掛を投入しアタリを待つがまったくアタリなし。それにアタリ潮、仕掛けを入れ込んでいくと、ラインをかすかに引っ張るが走らないいつもの食い渋りのパターンです。狙いを沖の反転流に狙いを絞り入れ込んでいくとヒットしたが、沈み瀬を交わし浮かせにかかるところでハリ外れ!小さいアタリはあるものの、合わせると素針を引いてしまいます。

左の沈み瀬近くでラインを張り待っていると、久しぶりにアタリがきました。クロは沈み瀬に必死に突っ込みます。竿を右に倒し素早く瀬から離します。やっと浮いてきたクロを大事にタモに納めました。メジャーをあてるとジャスト40センチのクロでした。やっとボーズ回避です。

隣で竿を出している寺園さんは何度とアタリはあるものの、渋くて苦労していますが40センチくらいのクロを3枚ほど釣っていました。この日最初に当たりを捕えた息子も同型を3枚ほど釣りタモが活躍しています。

この日は当たってくるタナが深く瀬に張り付かれ、風の影響もあって難しい釣りとなりました。交代でアタリが来ても張り根に当たってバラシの連続でした。潮が上げに変わり流れ出せばと期待したが、アタリ潮は変わらずお手上げ状態でした。左側のポイントで竿を出していた息子が、調子が出てきて左の沈みの際でアタリを捕えています。これまでのアタリとは違う目が覚めるようなアタリに見舞われ必死に耐えています。クロは観念しタモに納まりました。

45センチのデカイ立派なクロでした。息子は私、寺園さんにポーズをとり喜びを噛みしめていました。今回の釣りは息子に軍配が上がりました。アッと言う間に12時30分、納竿の時間になりました。

楽しんだ瀬を洗い流し迎えの船に乗りました。他の釣り人もどこも似たような状況でした。今回も厳しい釣り行きでしたが、水温が安定すればベストシーズンに突入することでしょう。