Field Report

下田沖根の横根へ行ってきました。


DSCF4765

CA0ESBAF

DSCF4762

DSCF4759

関東地方に春一番が吹いた翌日、下田沖根の横根へ行ってきました。
当初は南西風の予報だったので、東伊豆の須崎で伊豆半島周りの沖磯を考えていた所、お世話になる三信丸船長より「横根行ってみるか平気だと思うよ」と打診があり、当日同行の大木スタッフと相談の上、横根へ向かって貰う事でお願いしました。
船は6時になると出船、外洋へ出ると前日までの南西風によるうねりが残っており、船は多少上下しながらもゆっくりと沖へ向かいます。
横根に到着すると他船は皆無で私達だけのようでした。
船は裏本場3号に着けて貰い渡礁完了。大木スタッフは2号へ移動、私は3号から竿出しです。と言っても波が相当上がってきてかなり上からでないと危険が伴います。
ケガや事故が起きてしまっては元も子も有りません、ここは安全第一が一番です。
海面から階段場にテラスと見立てるとバッカン類は4段目、立ち位置は3段目となります(写真は魚を掛けたので2段目でのやり取り)
予報に反して少し強めの北東風で、しかも上り潮が斜めに当ててき波は磯に強烈にぶち当たり一面大サラシの洗濯機状態でした。
高場からなので、ミチイトが浮いて仕掛けが入らなければどうにもならないので、ここはしっかり仕掛けを馴染ませる事をポイントとしてIDR Dear G CORESSA!の5Bを迷わずチョイス。オモリはウキ直下に4BとハリスにG2を2点均等打ちでウキ下は竿一本からスタートです。
際にコマセを打ち手前から攻めると、仕掛けはしっかり馴染むもののエサが取られてアタリが取れません。それにサラシでもぐりウキも引き込まれてどうにもならないので、もっとウキ下を浅くして仕掛けを入れるポイントを沖のサラシの切れ目、潮色の変わるあたりまで遠投して見ると仕掛けが馴染んだ途端ミチイトが「バチバチ-」とはじき飛ばされました。
待望のメジナ40㎝弱をゲット!
その後も同様に狙い30~38クラスを連釣しますが40オーバーが出ません。
潮は相変わらず上りが当てていましたが、下りが少しの間入った10時過ぎに仕掛けが正面へ出た最中IDR Dear G CORESSA!が海中へ消えアワセをくれると今までに無い重量感です。手前まで寄せてやっとIDR Dear G CORESSA!が海中から現れ更に引き寄せると、本日最大魚が姿を現し大サラシの中何とかタモ入れに成功して取り込むと45㎝の口太でした。
その後、30オーバーは入食いでしたが(相当数リリース)サイズは伸びず納竿となってしまいました。しかしタフコンディションの中での45㎝は嬉しい1尾でした。
ちなみに私の偏光グラスは度付きですが、1日中波しぶきを被ってしまい余計見えにくく掛けていませんでしたがIDR Dear G CORESSA!のBIG

-->