Field Report

今季イシダイ絶好調の三平丸で初のロクマルゲット!! 長崎県佐世保沖 ガニ瀬(中ノ瀬)


10月31日(土) 大潮 満潮8:30  干潮14:30

今シーズン、例年にないような石鯛フィーバーで盛り上がっている佐世保の「三平丸」に乗り込み、午前5時に沖磯へと向かった。

今回の同礁者は、底物を得意とする村尾さん。

我々が希望したポイントは、ガニ瀬の「中ノ瀬」。ここは、過去にも3回ほど底物狙いで上礁しているが、必ず本命をゲットしている相性の良いポイント。瀬上がり後、すぐに仕掛けを準備し釣り開始。

高野さん新仕掛け

ただ、この日は北東からの爆風が吹き荒れ、竿を出したもののウネリと飛沫でズボンと靴はずぶ濡れ。竿掛けに置いた竿の穂先も爆風で揺れ、前アタリがよく分からない。

瀬の写真IMG_1617

「中ノ瀬は足場が良い釣り場ですが、底根は荒く根掛りが多いのが玉にきず。でもそれだけに多くの魚影を宿しており、更なるデカバンも潜んでいるでしょう。村尾さんが竿出ししている所も、実績ある釣り座です」

しかし、ここのポイントは上げ潮に分があるため、満潮までの2時間が勝負と思い集中する。

ところが、アタって来るのはエサ取りばかりで、ツケエのガンガゼを取られては付け、取られては付けの繰り返しで、本命のアタリが全く来ない。

ポイントも足元から遠投まで探ってみるも、エサが無くなるか根掛かりの連発。

そのうち、期待の満潮の時間も過ぎてしまい、今回はパーフェクトボーズかと半ば諦めていた。

満潮から2時間が経過した午前10時半頃。小さめのガンガゼを2個付けし、カウンタ-12m付近を攻めていた。すると突然、穂先が一気に海中に急降下し、置き竿にしていた竿がバタンバタンと叩きだした。

慌てて飛びつき竿を立てると、底物経験の浅い私は今まで無かったような強烈な締め込みに襲われた。

潜られると根に張り付かれるので必死で竿を立てて耐え、何回かの突っ込みにも踏ん張ってやがて浮いてきたのは、大本命でビックリ。

タモを持って、駆けつけてくれた村尾さんもビックリ(笑)。

村尾さんのヘルプで、タモに納まった石鯛は、一目で自己最高と分かるビッグサイズ。感動と興奮で身体が奮えました。

帰港し正確に測ると、目標としていたジャスト60cmで重さは4.29kg。まさに、感無量の獲物でした。

高野さんポイント図

ガニ瀬の石鯛

天秤と石鯛

「強烈な締め込みを見せてくれたのは60㎝4.29㎏の自己記録魚で、イシダイ釣りのだいご味を満喫しました。石師魂遠投ゴムテンビンのイエロー、寄せ玉ゴム大の蓄光グリーンがエサをアピールしてくれたに違いありません」

底物始めて4年目ですが、この引きを味わったらやはり病みつきになりますね~(笑)

昨年からキザクラの石師魂シリーズのイエローで嬉しい釣果に繋がっているので、これからもこのアイテムを駆使して更なる大物に挑戦したいと思います。

遠投ゴム天秤イエロー

「石師魂タックルを使うようになって、釣果を手にする確率が高くなりました。この黄色をイエローマジックというイシダイ師もいるようですが、魔力というか、魚を呼び寄せる威力を感じています」

三平丸船の画像

「今季絶好調の佐世保沖の磯に渡してくれる三平丸です。水温は高く推移しているので、まだまだイシダイ釣りが楽しめると思っています」

キザクラフィールドテスター/高野光彦