Field Report

夏チヌ最盛期の相ノ浦湾内!


 

IMG_5510 IMG_5516 IMG_5558 IMG_5513

7月24日に佐世保相ノ浦湾内の夏チヌに挑戦して来ました。

当日の予報は気温が35度近くになるとの事で午前5時~10時までの竿出しとしました。三平丸に乗り込み出港後10分で着いたのは焼島の水道でした。初めて上がる釣り場でポイントがわかりませんでしたが沖向きに釣り座を構える事にしました。

本日のタックルはV.Dash Levius TP 00を使用した全層沈め釣りで狙ってみます。このウキはバチバチの体感ショックを味わえる代表的なウキでチヌ、クロ、マダイと何でも釣れ、今の私には無くてはならない存在となっています。

釣り座から見える範囲は浅瀬だったので遠投重視の釣りとなるのでキザクラのチタンワ―プシャク750を準備し遠投に備えます。30m沖に水道から流れる潮目があったので集中してマキエを入れます。オキアミ生で様子を見てみますがあまりエサ盗りの姿は無いようです。夏チヌと言えばダンゴ釣法のイメージが強いのですが本日はどうなのでしょうか?V.Dash Leviusは遠投が効くので30m沖の潮目をダイレクトに攻める事が出来ます。遠投したコマセと合わせ流し込むとバチバチッっと体感ショックが襲ってきました。チヌ特融のコンコンとした抵抗が伝わってきます。無事にタモに収まったのは45cmの良型でした。釣らせてくれるV.Dash に感謝です。

その後フグらしきエサ盗りが出てきましたがポイントを左右に振り2尾のチヌを追加しました。流石にコマセが効いてきたのかエサ盗りが増えツケエもすぐに無くなってしまいます。そこで更に遠投をする為に黒魂ふわりLL-00に変更し40m沖を狙ってみます。これが功を奏し50cmには届きませんでしたが更に2尾のチヌに出会う事が出来ました。

良く釣れる全層釣法で皆さんもぜひ多くの魚に出会ってください。