Field Report

平戸宮之浦でのクロ釣り


IMG_1787IMG_1789IMG_1788IMG_1786
11月5日に所属するTeam Rivaleのクロ釣り王者の予選会を平戸宮之浦の磯で行いました。
当日はシケ後との事で瀬上がりする場所が限られましたが、運良く私は尾上島の南へと上がる事ができました。本日の大会規定は4時間で釣り上げた10尾のクロの総重量となます。

風裏でもうねりが多少あり釣り辛い状況と判断し、ウキはCORESSAの0シブを選択。CORESSAはタフコンディションでも過去にとても良い釣果を出してくれている素晴らしいアイテムです。

6時半の釣り開始から期待の1投目、竿1本先攻めてみると早速全層釣法の醍醐味である体感ショックが襲ってきました。かなりの引きで上がって来たのは40㎝オーバーの良型尾長でした。やはりCORESSAは私の頼れるアイテムです。

その後、宮之浦名物のアブッテカモが大量発生し、なかなかクロに出会う事ができません。

そこで心機一転、自立チヌ2Bにチェンジです。この自立チヌも困った時の頼みのアイテムです。小さい当たりを拾う事ができ、一気に形勢逆転した事は何度もあります。

コマセワークでエサ盗り分離を意識し釣り開始。最初にウキを消し込んだ獲物は何と小型のクロでした。これは作戦成功と判断し、マキエの打ち方や、流し方を変えると自立チヌは次々にクロの当たりを捕らえてくれました。

気づいてみると朝一の尾長を超すサイズは出ませんでしたが35cmクラスの良い型を揃える事ができました。
競技終了後、10尾の総重量5950gで何と優勝する事ができました。

磯釣り好シーズンに突入したので皆さんもキザクラのウキでバンバン釣ってください。