Field Report

由良半島へ釣行


 DSCF3080 DSCF3077 DSCF3078 DSCF3079 DSCF3084

愛媛の海も、少しずつ水温が下がってきました。24℃台だった水温が、寒波もあり、少しずつ下がり、ようやく21℃くらいになってきました。毎週のように釣行しておりましたが、小型のグレと、エサ取りに悩まされ、なかなか40cmオーバーのグレは顔を見ることができませんでした。今回こそは・・・。との思いで、いつもお世話になっている、松田渡船さんに乗り、由良半島の地回りの磯へ降りてみました。

水温は、20.8℃との事で、いい感じに下がってきており、エサ取りも少なくなっているのではと、期待しての一投目です。エサ取りは大したことないものの、小型のグレは相変わらず高活性で、撒き餌にボイルするように浮いてきます。少しずつ、撒き餌とサシエを離しながら様子を見ていると、30cm台のグレが釣れ始め、数枚を追加しましたが、本日の目標の40cm台はまだ掛かりません。

沖の潮が少し流れているところへ、17’GTRを遠投して、仕掛けを流し込んでいくと、ゆっくりとウキがシモリはじめ、仕掛けがなじんだところで、少し止めていると、さらにウキがゆっくりと加速しながらシモッていったので、グレのアタリだと確信して、合わせを入れると、久しぶりにいい重量感が伝わってきます。比較的容易に寄ってきたものの、足元のシモリに張り付こうと、抵抗しますが、何とかシモリをかわして無事に、本日の目標である40cmオーバーを達成できました。

その後も沖目を狙い40cm台を追加して、終了しました。これから、さらに水温も下がってきて、グレの喰いも安定してくることと思います。青物の回遊や、シマアジの回遊もありますので、仕掛けは少し太めで臨むほうがよさそうです。グレシーズン本格化した宇和海の磯へ、皆様も釣行してみてください。

17’GTRも必ず活躍してくれることと思います。