Field Report

的確なウキの選択で寒グロを満喫!  長崎 下五島椛島 ヤレオセノ鼻


1月27日(日) 

午前3時出港の「エルシアサクセス」に乗り、同じクラブキザクラ西九州のメンバー

山本君と五島に行ってきました。

当日は、前日からの雪と冷え込みで大分方面の高速は通行止め。

海の中も水温低下でクロの活性も下がってるかと思われましたが、意外に水温は温かく

朝まずめから、30cm前後が食ってきました。

最初のポイントは、当て潮で手前に寄ってくるので、ウキは半遊導の「黒魂ブロス」3B

として、タナは1本ちょい。これで、アタリを捉えたものの一向にサイズアップしません。

竿1本半の底タナ狙いでも型が上がりません。

最初のポイント

最初のポイント

たまらずに、午前10時の見回りで瀬替わりしました。

向かった先は、ヤレオセノ鼻。

ヤレオセの鼻

ヤレオセノ鼻

ここではタナが深いのと、沖めを狙いたい事と

潮が一定してないので、棒ウキ「黒魂BS自立」3Bを使用。

黒魂BS自立

視認性と感度の良さで活躍してくれた黒魂BS自立3B

 

視認性の良さと感度の良さ、遠投力の力を借りて

これで、38cmまでをコンスタントにヒットできました。

ただし、潮が変わってからは、左手から付き出した瀬の方向に

本流が流れ出したので、すかさず17GTR‐00に変更。

GTR

本流釣りで本領を発揮した17GTR

 

流れの中を、Jクッション6とガン玉調整で35cmまでを連発!

今回、型は出なかったもののウキの使い分けで楽しむ事が出来ました。

釣果

ウキのチョイスがカギとなった今回の釣果

 

今回、お世話になった「エルシアサクセス」

有難うございました。

船