Field Report

秋磯開幕の平戸宮之浦


 

IMG_7008 IMG_7009 IMG_7010

朝晩も少し冷え込んで秋磯のシーズンがやってきました。10/9に長崎県平戸宮之浦にクロ釣りに行ってきました。午前4時に出船し向かった先は志々伎崎一帯でした。ここ一帯は秋磯は数釣りと言った印象がありますが当日は強風が吹き荒れる中、場所選ぶ余裕はありません。

一のハエに瀬上がりし、午前6時半の夜明けと共に釣り開始です。

本日はV.DASH K’s Levius TP00を使用した全層沈め釣りで攻めてみます。足元には大量のエサ取りが発生しているので沖のゆるやかな右流れの中で23cm~25cmの小型ですがポツポツとクロがヒットしてきます。40cmオーバーを1枚出したいと思いながらマキエワークに変化を加えながら攻めてみますが、カワハギ系のエサ取りが沖に集まってしまい手に負えなくなりました。

午前9時、志々伎崎の二のハエのハナレに瀬変わりです。ここは背中から風を受けることができ、遠投釣りが出来そうです。仕掛けを30mほど遠投し足元と沖に分けてコマセを入れます。数投するもののツケエは残った状態が続いたので沖に多めにコマセを入れます。

再び30m遠投し様子を見ると今度はV.DASH に微妙な当たりが出ました。すかさず合わせるとなかなかの重量感が伝わってきました。よく引いた獲物は45㎝のクロで満足のサイズでした。しかし、どうやら喰いが浅いみたいで一度吸っては離しているようです。そこでCORESSA! 0シブの登場です。更に遠投が効き、当たりも明確にわかるので私の愛用するウキの一つです。黒魂チタンワープシャクで40m沖に遠投し仕掛けもCORESSA!の重量を活かし大遠投です。ラインを一直線にし、余計なラインは出さずCORESSA!に集中します。ハリスが馴染むとスッとウキが海中へ潜ります。クロがツケエを離す前に合わせを入れ、しっかりと口元にフッキングさせ次々とヒットさせる事が出来ました。次第に海が荒れ模様となり11時に納竿となりました。

短い釣り時間でしたが、結果を出す事ができ満足の釣行となりました。強風のタフコンデションでも結果を出す事が出来るCORESSA!にベタ惚れしています。