Field Report

バランサーを付けて難しい2枚潮を攻略 鹿児島県日置市江口浜


日置市の江口浜へ春チヌ狙いに行きました。

仕掛けは、全層セミフロートインパルスのラインにウキは17‘GTR(L、000)

ハリスは全層ハリストMG1.75号としました。

仕掛けを投入しアタリを待ちますが、食ってくるのはフグばかりです。

潮行きは悪く、進展なく時間だけが過ぎていきました。

干潮前の10時30分を回った頃、やっと潮が動きはじめました。しかし表層は左へ流れ、底潮は右へ流れていきます。

2枚潮で仕掛けがうまく入っていきません。

そこでウキにバランサーを足し、クッション水中を装着し底潮をとらえて入れ込んでいくことにしました。底に仕掛けを落ち着かせ、そこに撒き餌が効くように打って、何とかアタリを取る作戦です。

しばらくすると、狙いすましたようにラインにアタリが来ました。

合わせを入れてやり取りするとチヌの重量感が伝わってきます。

タモに納めたのは45センチほどのチヌでした。

その後2枚のチヌを追加したところで潮が動かなくなり納竿としました。

DSC_3454

DSC_3457

DSC_3473

レポート 柿添 賢