Field Report

NFbasicでイサキ大漁!!  【長崎県的山大島 障子岩】


8月11日、午後8時の出港で向かった先は的山大島。同行者はこの周辺を知り尽くした平井さん、貝崎さん、村尾さんと私の4人。今回は「玄海フィッシングセンター」にお世話になります。

沖に出ると予想以上に凄いウネリでした。上礁できる磯は限られ、平井さんと貝崎さんがビシャゴ、私と村尾さんは障子岩へと分かれて上礁しました。

納竿は翌朝の6時と早目なので急いで準備したいものの、あまりのウネリと波シブキにふたり共気が進みません。それでもなんとか船着けのポイントだけはやれそうなので、並んで竿を出すことにしました。

障子岩、今回のポイント30.8.12

 

【当日の仕掛け】

ウキ:NFbasicL-2号(ウネリとサラシで仕掛けが安定しないことが懸念されるため、重めの仕掛けをチョイス。普段の夜釣りは、感度優先で棒ウキタイプのNF波音M-1号を愛用用)

竿:遠投3号

リール:4000番

道糸:6号

ハリス:船ハリス8号を1ヒロ半

ハリ:尾長9号

 今回使用したウキ30.8.12

 いつもの太仕掛けでタナは2ヒロとし、ハリ上20cmにルミコブルーとG4ガン玉を装着し、ツケエはオキアミボイルとムキミで戦闘開始。

マキエはボイルで、パラパラと手で撒いてアタリを待ちます。すると隣の村尾さんに早速ヒット。なかなかの抵抗を見せていたので良型グロを期待しましたが、残念ながらイスズミでした。

そこで私の基本である足元狙いに専念することにし、サラシがない小さなワンドに仕掛けを投入します。ところが釣れたのは手のひら大のオナガ(コナガ…笑)でした。

でもここに良型グロはいるはずと確信し、同ポイントを攻めます。ところが同サイズばかり3枚立て続けに食ってきました。『お父さんを呼んで来て!』と優しくリリースするも、その後はアタリが止まってしまいました。

ポイントを変え竿半分先程に仕掛けを投入すると、この時期定番のイサキがヒットします。その後はどこを釣ってもイサキのオンパレードです。そこで再度足元の際を攻めると、オジサン、イサキ、イスズミ、フグ、アジゴといろいろハリ掛かりするものの本命がが来ません。                                      たまらずに一旦バーベキュータイムとします。既にイサキ20枚を確保しているのでお土産は十分。1時間ほどの休憩の後、変わった上げ潮に期待していろんなポイントを攻めます。だけどイサキのサイズが変わるだけで他の獲物がヒットしません。

結局、翌朝5時までイサキが釣れ続き、計40枚という大漁に恵まれました。また、ビシャゴに上がっていた貝崎さんは50㎝クラスのコロダイを仕留めており、夜釣りのだいご味を満喫していたようです。

障子岩での釣果(2)30.8.12

 

 貝崎さんとコロダイ(50cm)

 今回、仕掛けに関して収穫がありました。使用したNFbasicL-2号のどんぐりウキは、当初浮力による抵抗が心配でした。でも想像以上に感度や視認性が良く、さらに遠投が可能で仕掛けも安定するため今後の良き相棒となってくれると確信できました。

玄海30.8012

使用渡船=玄海フィッシングセンター「玄海」 ℡0950-55-2626