Field Report

kizakura CUP in 宮ノ浦大会


IMG_1482

IMG_1491

IMG_1476

IMG_1462

IMG_1460

IMG_1477

10月31日平戸宮ノ浦で開催されたキザクラカップに参戦しました。
当日の開会式でフィールドスタッフとして参加している11名はマイナス500gのハンデキャップがあると聞かされました。この時期の宮ノ浦は小型が多く500gのハンデは辛いけど、これで勝ったらカッコ良いね~なんて話ながら出港の時間となりました。
私は尾上島の南に4人で瀬上がりしました。ここ尾上島の南は潮が満ちてくると釣り座が無くなり釣りが出来ません。という事は満潮が11時なので残り3時間ほどの釣りになりそうです。本日のウキは風が強い時でも操作がやりやすいDear G。浮力は00をチョイスし、クッションストッパー、スイベル、ハリス2ヒロを付けた全層仕掛けでスタートします。尾上島南の特有の上げ潮が上五島方向にガンガン流れています。本流は狙わず足元からの引かれ潮に仕掛けを入れ本流とのカベを狙います。1投目から規定サイズに満たない小型がヒットしてきます。マキエを足元に集中させその先に仕掛けを投入。セオリー通りの釣り方でキープサイズを連続で捕獲しました。1時間後Dear Gが一気に海中に消え、豪快な引きが襲ってきました。すぐに両型の尾長と確信し、道糸は出さず強気でやり取りした結果40㎝の尾長が浮いてきました。無事にタモに収めホッとしましたがその後は30cm弱の尾長が釣れる程度で午前9時には釣り座が水没してしまいました。私のキーパーバッカンを確認すると5尾の総重量は2700gと言ったところでしょうか?本日はこれでお終いと思い竿を収納し、岩場に腰かけると一眠りしてしまいました。ふと目を開けると同礁の選手が釣りを止められていました。時計を見ると残り1時間でしたが、釣り座が空いたのであれば釣ろうと思い、了解を得て釣りを開始しました。釣り座は尾上の南西の角で西からの爆風でとても釣り辛い状況です。しかも足元には15m程ハエ根が飛び出しており良型は取れそうにありません。この爆風だとDear Gでも風に負けてしまい狙いのポイントには届きません。そこでもっと自重のあるウキをチョイスしました。先日、波多江さん(Dear G,コレッサのプロデューサー)からお借りしたコレッサです。一回り大きめのボディがタフコンディションには持ってこいなのです。30m程沖に潮の淀みがあったのでマキエを入れ、その5m程沖に仕掛けを投入します。爆風のタイミングを考えて投入したコレッサですが、思った通りに飛んでくれて狙いのポイントに入ってくれました。これは釣れるだろうと思っていたら一投目から30cm弱の尾長がヒットしてきました。再び同じパターンで攻めると今度はバチバチッと強い引きが襲来。ハエ根をかわしとり込んだのは40cmの尾長でした。この時、もしやハンデがあってもイケるかもと思い始めました。残りの短時間で数枚を釣り上げ、結局3枚の入れ替えを行い検量の5尾を揃えました。パッと見た感じ3300gはあるだろうと思いながら回収の船に乗り込みました。
港に戻ると検量者が多く結構釣れているみたいで、やっぱりダメかな~と思っていました。検量の結果、私の総重量は3470gでした。これからマイナス500gのハンデキャップがありましたが、なんとビックリ優勝してしまいました。これは間違いなくDear G、コレッサのおかげです。是非、皆さんも使ってみて下さい。
運営スタッフ、参加された選手の皆様お疲れ様でした。