Field Report

五島奈留島 黒瀬灯台


オナガ42cm 黒瀬灯台ポイント 黒瀬灯台釣果 灯台

 

前3時、小佐々町の石井釣りセンター「エルシアサクセス」にて出港し、向かった先は

小値賀の帆上周辺。

しかしながら青物狙いの釣り客が多く、また、北からの風とウネリが残っており、上礁出来ず。

結局、船は中五島へと南下し、到着したポイントは 「奈留島の黒瀬灯台。」

言わずとも知れた好ポイントである。今回同行いただいた佐々木さんの話では、ここには数回上礁しているが、結構いい思いを何度もしているとのこと。

まだ、夜が明けるまで2時間ほどあるので電気ウキ(NFスティック1号)で、まづめのデカバンに期待すると、竿1本弱のタナで強烈なアタリ。横走りする引きからして、オナガか?期待していると、浮いてきたのは予想通り40オーバーのオナガ。

狙い通りに獲物がヒットしてくれると嬉しいものだ。このパターンで夜が明けてしまう前に次を狙ってみるが、結局その後はノーヒット。

さらに夜が明けてしまうと、木端オナガの乱舞。(泣)

さらに悪いことに、我々の目の前で潮がぶつかっており、仕掛けが右に行ったり左に行ったり、渦に巻き込まれたりと湧昇流が発生し仕掛けが全く安定しない。

そこで、湧昇流の周りに出来る下降流に仕掛けを入れるべく「Panther00号」の全層で落とし込んでいくと、足裏超の少しサイズアップしたオナガがヒット。

この仕掛けで、下の方にいる良型をゲットしようという魂胆だが、数枚同サイズをヒットさせると、今度は川のような横流れの潮に変化。

本流に仕掛けを入れたくないので、手前を探ろうとするとエサ取りの餌食。

仕方なく、沖目の本流付近を今度は「黒魂アクセル00号」の全層釣法で入れ込んでいくと、足裏サイズから30cm弱までを数枚ゲット。

その後、また潮が変わり湧昇流が無くなってきたので、今度は「STR-B」で半遊導にし、

下の方にいるはずの良型を狙ってみるも、結局は朝まづめのオナガ42cmが最大で納竿となった。

まだまだ、水温が高いのかコッパサイズが多かったが、これから水温が下がると良型も期待できそうな五島の海でした。