Field Report

水温低下で渋い当たりも…フカセ釣りの魅力


先日、上甑島・里のクロ釣り に行ってきました。

渡船屋さんは「蝶栄丸」・石原船長にお世話になり、4時30分に串木野港を出発しました。

私は蓑掛1番に瀬上がりしました。
この日は風裏とは言え、風が強く吹き付けています。

私は周りがすっかり明るくなってから撒き餌の準備にかかります。
今回は、オキアミ1角に集魚剤を2袋しっかり混ぜ込みました。

仕掛けは

○キザクラセミフロートインパルス2号
○ウキはケイズマグナスST0シブ(バランサーで浮力調整)
Jクッション水中
○ハリスは全層ハリスト1.75~2号

をセットしました。

今回の仕掛け

さて、仕掛けを作り終えて撒き餌を入れてみると、最悪な当て潮です。
仕掛けを沖目に投入し瀬際までに入れ込んでいくことにしましたが状況は変わりません。

そこから反応もなく厳しいコンディションが続くこと数時間。
なんと納竿まで残り2時間30分に!

マズイなと思っていたところ、満潮前となりようやく流れが向かって右側に流れはじめました。
「これは!」と思い、ウキにバランサーを追加し入れ込んでいきます

思った通り、仕掛けが右側にゆっくりと流れて馴染んでいきます。
なかなか良い感じになってきました。
徐々に何らかのアタリが出始めイズスミ、サンノジなど針掛かりしてきます。

そろそろ本命が来るだろうと、仕掛けを張り気味に待ちます。
するとようやく竿引きのアタリが来ました。

難なく寄せたのは30センチくらいのクロ。
サイズはともかく、貴重な1匹でしたので嬉しいものです。
ひとまず、「今日はダメかも」と思っていただけにボーズは免れホッとしました。

兜の緒を締めなおして、再度投入。
その後すぐにアタリが来て、竿は大きく弓なりに曲がる!
かなり強い引きが返ってきました!

数分の格闘の末、ようやくウキが見えできました。
なんと姿を現したのは高級魚のスマカツオ

だんだんと場が温まってきて、良さそうな雰囲気になってきました。
その雰囲気のまま、と仕掛けを入れ込んでいくと強烈な竿引きのアタリが!

バチバチッ!!

この体感ショック!
合わせるとずっしりと重く力強い引きが返ってきました。
間違いなくこれはデカイ!

なかなか浮いてきませんでしたので、沖でやり取りをして少しずつ寄せてきます。
ようやく浮いてきたのは60センチの綺麗な真鯛!
嬉しいお土産をゲットすることが出来ました。

ブイダッシュにて60cmの真鯛が来ました

まだまだ続きます!
何度かの突っ込みを交わし浮かせると、55センチの真鯛でした。

55cmの綺麗な桜鯛🐟

その後、クロ2枚の追加で終了となりました。
本命のクロも渋いながら食わせることが出来たうえに、60センチ真鯛を筆頭に引きを味わえる楽しい釣りとなりました。

大小入り混じるのもフカセの魅力。
皆さんもこのゴールデンウィークはぜひフカセ釣りに行ってみましょう。

九州真ぐれ会 鹿児島支部
キザクラ フィールド テスター
柿添 賢