Field Report

自宅から5分の近場でのチヌ釣り


無題
自宅から5分の港に釣りに行った。
私は前からチヌ釣りの付けエサはオキアミを使用していたので、練りエサでの釣りには違和感がありました。
練りエサでの釣りに半信半疑で挑んでみました。

仕掛は
・竿   1.2号
・ライン キザクラセミフロートインパルス2号
・ハリス キザクラ全層ハリスト1.75号
・ウキ  キザクラ大知遠投60 LL 000

撒き餌さは新鮮なオキアミ半角に集魚剤を2袋を混ぜ込み、付けエサは練りエサと生オキアミを準備した。
せっかく釣りに来たのだから、せめて1枚は釣りたいと思いツケエサはオキアミを使った。
ウキは自重があり安定してポイントに投入しやすい、大知遠投60 LL 000を使用した。
ポイントを決めマキエサを10枚ほど撒き、1投目投入し待っているとまずアジが釣れ、メイタ、タイの子が釣れ沢山のエサ盗りが寄ってきている。ここぞとばかりにエサに目をやると練りエサと目があった。

今日のチヌは練りエサが希望かなと思いつつ、小指の先ほどをちぎり、針に付けた。
練りエサはしっとりしていて、意外とソフトで手にもこびりつかないでしっとり感で使いやすい。
練りエサを付け投入。期待し待っているとコツコツとアタリがあり、ラインがスーッと入っていった。
キタッー。竿を立てるとズッシリとした重みが伝わってきた。
寄せて浮いてきて姿を見ると、50センチのりっぱなチヌでした。

大知遠投60 LL 000が安定し、撒き餌さとずれないことで食いついてきました。
ウキは遠投も効き、ポイントに的確に投入撒き餌さとの同調もしやすく使用しやすいウキです。使用してみて下さい。
きっとチヌに会えると思います。