Field Report

待ちに待ったグレ釣りシーズン開幕! 大分県南深島 ツバクロ


秋磯シーズンを迎え、各磯から好釣果の朗報が聞こえてくる中、私のホームグランドの大分県南部深島でもグレが好調との二ユースが伝わり、12月1,2日に釣行しました。このところ好調の石鯛狙いの3組7名と私の合計8名で、朝の見回り船で蒲江港より、朝7時前に深島を目指し正福丸で出港。

P1030351

ツバクロから見た周辺の磯です。

本日上物狙いは私一人。迷うことなく沖磯ツバクロに瀬上がり、正福丸は灯台下方面に走っていきました。 

荷揚げを手伝っていただいた先客にお礼をいい、釣果を聞けば昨日は北からの強風で釣果はパッとしなかった、とのことでした。でも『ポツポツアタリはありますよ』とのことで、明日は期待が持てそうです。

テントを張り瀬泊りの準備を済ませて食事を終え、寝袋に潜り込む。『もうやめますから』との先客の言葉で釣り座に立つも、北風が強く明日頑張ることにしました。                             

明けて翌日は、朝の見回り船が来た7時頃からマキエ作りを始めました。オキアミ生2角、ジャンボアミ1角、パン粉2キロをよく混ぜて、仕掛けは5,3m1,5号の竿に道糸全層フリーダムセミフロート2号を巻いたリールをセット。          

ウキはジーモーションBのイエロー、全層ハリスト1,5号2ヒロに全層激掛グレ4号。針から1mほど上にカラーガン太君3号を打ち釣りを開始しました。    

潮は緩く右流れ、左から出るサラシの切れ目に仕掛けを投入すると、ゆっくりと右沖に流れていきます。数投目、いきなりウキが消し込まれ竿先までくるアタリ。ゆっくり巻きタモに収めたのは良型のイサキ。グレ釣りの嬉しい外道です。すぐにアタリがきて、これは良型の口太でした。

たて続けにアタリがきて7枚ほどキープしたところでハリスをチェックしているとき、明日釣りの方が『沖向きで竿を出します』と来られたので、私の横で竿を出すように勧め一緒に竿を振ります。                                      

P1030358

今回使用したウキは、激しい流れでもフラつかない下膨れ形状のZ-Motion(ジーモーション)でした。

話をすれば玉名市から来られた坂本さんという方で、KIZAKURAの17GTRのイエローをやや沈めて使われています。すぐにアタリがきてこちらにも良型のイサキです。数投目、坂本さんが大きく竿を曲げやり取りしてタモに収めたのはキロオーバーの口太でした。

P1030355

P1030372

玉名市から来られた坂本さんもグレ釣りを満喫されました。

昼過ぎの潮止まりまで二人でポツリポツリとアタリがありましたが、昼前潮が止まると活性が下がり一休み。

14時前から潮がコウタク方向に流れだすとウキが入ると同時に竿先までくるアタリの連続 。                                                     

15時30分クーラー満タンとした私は早めの納竿とし、迎えの正福丸を待ちました。今回は良い潮に恵まれた釣りでした。

P1030374

今回の釣果です。これからはまだまだ良型のグレが望めます。

これから深島は、いよいよ寒グレ本番となり、グレ釣りが存分に楽しめます。みなさんも是非一度チャレンジされてみませんか。 

渡船は蒲江町より、正福丸の竹田敏夫船長と貴彦若船長が、乗り合い一人6000円で渡してくれます。

 

レポート/藤田 浩