Field Report

深島釣行30の3


001004013 009017
年末前より好調の、大分県南部深島に釣友と二人釣行した。いつもならば沖磯に瀬上がりするのだが、今回は深島港まえのソーノハエに瀬上がりとした。
我々は翌日が本番なので、荷物を高場に上げ瀬どまり用のテントを張り早めの食事タイム。そして、先客もクーラー満タンの釣果で帰られた。夕マズメいよいよ我々の時間沖アミ生1,5角、ジャンボ1角、パン粉2㌔をよく混ぜてマキエとする。
仕掛けは1,5号5,3m竿に道糸全層フリーダム セミフロート1,75号、ハリス全層ハリスト1,75号2ヒロ、ウキIDR PROL-Ⅱイエローを半遊動ウキ下2ヒロ半より戻し、10号の下にガン太君3号をうち針は全層激刺グレ5号。
沖アミを付け初釣第一投。仕掛けはゆっくりと釣り座を左に流れ八幡宮との水道からの流れにひかれていく。前方北浦方向からの夕日でウキは全く見えないので、ラインを少し出しながら多めにマキエを入れ流すうちいきなりラインが走り竿にグーンとのる当たり。
慎重にタモに収めたのは、キロクラスの口太。それから日の傾くまで同サイズを各自4~5匹上げたところであたりも暗くなり翌日に期待して竿を上げる。
明けて翌日はさほど風は無く釣開始。午前中はタナが浅かったとの話を考え、小型棒ウキ攻のBをセット、ウキ下1,5ヒロで釣開始。2投目ウキが一気に水中に軽く合わせて取り込んだのは800gほどの口太型はいまいち。
入れ食いとまではいかないものの、コンスタントに当たりは続きクーラーはグレで埋まっていく。潮止まりの昼過ぎにはクーラーは8分目までグレが収まった。早々昼食を済ませ釣り座に立つ。
数投したが付け餌に変化はない。そこで当たりウキを取り、ウキ下2ヒロからの全層仕掛けで再度攻めれば、ウキがいきなり消し込まれ、いい引きでタモに収まったのは45センチほどの口太。
潮は八幡宮との水道はかなり早い。前方に仕掛けを入れ、その流れにひかれる流れにのせれば、一投ごとにキロクラスがヒット。
大型クーラーはみるみるグレで埋まっていき、早々納竿とした。
今回午前、午後、で仕掛けを変えたのが好釣果につながつたのだと思います。
これからいよいよ寒グレ本番となる大分県深島一度来てみませんか。