Field Report

Z—Motion(ジーモーション)でグレ、イサキがクーラー満タン!大分深島


8月に入って磯上は本格的な灼熱地獄に突入。

釣りに行こうか迷っていた時に蒲江町の渡船正福丸船長からの電話があり『今ツバクロでイサキ、グレ、が入れ食いしてるよ、明日の瀬泊りがいないけどいかないか』との電話で早々準備を済ませる。

朝の見回り船で釣友と二人入れ食いを夢見て沖磯ツバクロに瀬上がり。

先客に挨拶すれば『我々は昼には帰ります』とのこと。高場に日よけタープを張り一休み。それにしても暑い。そんな中でも先客の釣りを見学しているとぽっぽっと竿が曲がっている。

仕掛け、マキエの準備をする。

竿1.5号5.3mにラインは全層フリーダムセミフロート1.75号、ハリスは全層ハリスト1.75号を2ヒロ、ハリは全層激掛グレ6号、ハリの上50cmにガン太君3号を打ち完成。

マキエはイサキ狙いなのでオキアミ生2角、ジャンボ1角、パン粉2キロを混ぜて出来上がったところでよく冷えたビールで入れ食い前祝。しばらくウトウトしているうち夢の中。

『やめましたよ』との先客の声で目覚め、釣り座に向かう足元にマキエを入れるとスズメダイや小型のタカベがいるが気になる数ではない。先に足元にマキエを打ち15mほど沖に仕掛けを入れる。

今回より使用のウキ、Z—Motion(ジーモーション)イエローのBはゆっくり深島本島方面に流れていく。

再度マキエを打とうと遠投ワープシャクⅡを手にしたときいきなり竿引きのアタリであわてて竿を立てれば、竿を大きく曲げ良型の引き。ゆっくり水面に浮かしタモに収めたのは800gほどのイサキだった。シメてクーラーに入れる。

すぐに釣友にも同サイズのイサキがヒット。仕掛けを入れてからアタるまでをみるとタナは竿1本以内だろう。

それから足元にマキエを入れエサ取りを確認。沖めに仕掛けを入れマキエを3ヵ所うち仕掛けが数メートル流れたところでアタリ。竿を立てグレを浮かせタモにいれしめてクーラーに。

P1030249

そしてつけエを刺しマキエを足元に入れエサ取りを確認し、仕掛けを遠投。

このパターンで釣友と入れ食いすること約3時間。夕まずめ前の潮止まりまでにクーラー8分目ほどが獲物でうまった。

休憩の後午後7時頃より、ナイター開始。ウキNFベーシックM2Bハリスを2号に変えいよいよ夜釣開始。

しかしあれだけ通していた潮流はピタリと止まったまんま。2時間ほど粘ったものの潮は通さず夜釣りはあきらめ夕食を済ませ横になり爆睡突入。

明けて6時過ぎより釣り開始。潮はほとんど動いていない。暫く粘るうちようやく動き始めたが、先日とは逆の流れ。

この流れではあんまり期待はできないが、少し深くいれてやるとグレ、イサキ、と食ってくる。

そこで、ハリス1,5号、ハリ4号、ガン玉をサルカンの下30センチに打ち直し、足元にマキエを打ち遠投。

ウキの回りにマキエを3ヵ所、仕掛けを流すこと3投目ウキが水中に入った。

合わせるとグーンと竿大きく曲げて、水面に浮かしたのはキロオーバーの口太。狙い的中で飽きない程度にグレ、イサキ、がヒット。10時過ぎにはクーラー満タンとして納竿。昼の見回り船での帰港となりました。

P1030252

P1030254

今回、潮の流れに合う仕掛けで狙ったことが好釣果になったと思います。次回は是非夜釣りでさらなる大型をと思っています。

深島へは蒲江町より正福丸、竹田 敏夫船長、貴彦若船長が乗り合い一人6000円で渡してくれます。       

レポート 藤田 浩